アイコン外観変更ジェネレーターのアクセス推移

3月末、OBSのカスタムCSSをつくるジェネレーターを作成して公開しました。そこからしばらく経ったのでアクセスログをまとめてみようと思います。

 

blog.alfebelow.com

 

アクセスログ

当初、アクセスログをつけてなくて、GA4を設置したのが5月4日だったのでそこからのデータになりますがおおよその把握できるかなと思います。

アクセスログ 5月4日~7月1日

 

紹介動画

5月中旬くらいまではだいたい100前後。個人でつくってるWebアプリの伸びとしては、まあこれぐらいが妥当かなといった感じです。

アプリの宣伝のために行ったこととしては、解説ブログに加えて、今回は追加でニコニコ動画とyoutubeに紹介の動画をアップロードしています。

 

ニコニコ動画とyoutube

ニコニコ動画とyoutubeそれぞれの再生数は、このようになっています。

ニコニコ動画の再生数

Youtubeの再生数

ニコニコ動画が各日の再生数・Youtubeが累積の再生数を表示しているので比較しづらいのですが、再生数自体は若干ニコニコ動画の方が多いですかね。


よく言われているように、youtubeよりもニコニコ動画の方が新規参入に優しいと言われているのは、身をもって体感しました。

ニコニコはタグを付けることができるので、そのタグに興味のある方が結構見てくださってます。

今回は「ニコニコ技術部」と「ニコニコ動画講座」のタグを付けています。アナリティクスの画面で「この動画を見た人が最近見ている動画」というのを確認できるのですが、 動画の傾向的にニコニコ技術部を見ている方々が見てくださってたのかなという雰囲気。
あとは投稿者以外がタグの追加をすることができるんですけれども、どなたかが「今週の技術革新タグ」をつけてくださって、それはすごい嬉しかったですね。

対してYoutubeは新規参入者に厳しく、動画のタイトルで検索かけても表示がされないというのは体験しました。

しかしながら、徐々に伸びていってはいるので、もしかすると1年後とかに再生数が逆転するのかもしれないですね。

個人的にはアプリの存在を周知するためにはニコニコ動画、逆に検索を挟む必要がないチュートリアル動画置き場の用途であればYoutubeで十分かなという気がします。どちらかというとYoutubeを使い慣れているというユーザは多そうですし。

もちろん両方に投稿するのがよりよい、という感じはします。

 

GIGAZINEでの紹介

とある日、このアプリへの言及や紹介ツイートのRTが増えたなあと思って調べてみたところ、GIGAGINEが紹介しているのを見つけました。

gigazine.net

びっくりはしたんですが普通にありがたい。ということで、便乗してアプリのフッターに紹介記事のリンクを付けました。

 

5月17日の記事にて紹介されて、アクセス数の伸びはというと3~4倍くらいになりました。

最高地点が21日の425回。17日当日は240回でした。

アプリのアクセスログ(再掲)


3~4倍のアクセス回数を以前と比べて大幅に増えたと見るか、有名なWebメディアに紹介されてもこんなものかとみるのかは人それぞれかと思います。

もちろんこの手のアプリだと紹介されて記事を読んだ人のうち、わざわざアプリにアクセスする人が何割いるのかという話もあります。

 

とはいえメリットはあってもデメリットはこちらにないですし、特にこの手のwebアプリだと他のブログや記事などで使い方を紹介してもらうと、ユーザ視点でよりとっつきやすくなるので、紹介してもらえるととてもありがたい。


現状の集客

この記事を書いている現時点で、どのようにこのWebアプリを見つけているかを見てみると、Direct、次にオーガニックサーチとなっています。

トラフィックの獲得 6月25日~7月1日

Directというのはブックマークに登録しているとかURLに直接打ち込んだとか、参照元がわからない(つまりその他)の数となります。

オーガニックサーチというのはGoogleとかで検索して入ってきた人の数ですね。


で、Google Search Consoleでどんな検索キーワードで来ているのかを見ると、こんな感じ。

検索パフォーマンス(過去3か月)

「obs ディスコード アイコン 四角」と検索して飛んで来ている人が多い様子です。
アプリを作っていた当初、「obs discord アイコン 四角」で検索に引っ掛けようと想定していたので、SEO対策は成功と言ってもいいのではないでしょうか。

discordはカタカナで検索されがち、というのは想定外でしたが。


アプリのタイトルが長いことからも想像できる通り、短い単語で機能を伝えるのが難しいアプリではあるので、4単語の検索キーワードで出てくるのが妥当かなと思っています。

一度設定したらしばらく使わなくて済むタイプのアプリですし。

 

動画と検索結果

で、このキーワードで検索した時に、アプリ本体だけでなく、動画のサムネイルが結果画面に表示されるっていうのは今回得られた知見です。

「obs discord アイコン 四角」での検索結果


 
Webアプリだけでつくった、という場合だと検索結果の1つとして表示されるだけですが、アプリに加えて紹介記事や紹介動画も置いておくと、アプリへのリンク以外に間接的な流入元が増えるというのは今後いろいろ活用していきたい知見。
ある意味、検索結果画面のOGPみたいな感じで動画を併用するのが良さそうな気がしていますね。

 

リプライでの言及

あとはアナリティクスを見る限り流入数としては少なめなんですが、ツイッターのリプライで言及されているのはよく見かけます。

OBSでアイコンぴょこぴょこさせたいがどうすれば……? みたいなツイートをしている実況者やVtuberさんに、これ便利ですよ、とURL付きでリプライを投げてくださっているのを見かけています。

オススメできるくらい使いやすいツールとして認識してくれてるというのはうれしいですね。

TwitterやSlackで投げやすいツールは複雑な説明がいらず、分かりやすいということだと思うのでこういう今後もこういうのをつくっていきたいところ

 

まとめ

アナリティクスを見ながらいろいろ考察してみる記事でした。
動画で紹介するのが思ったより大事、というのが今回の収穫ですかね。


使ってる人がそこそこいそうな感じのアプリなので、何か思いついたらアップデートもかけていきたいなと思っています。

2022年6月に読んだ本

いつもの



実践 医療現場の行動経済学

医療現場で起きる問題に対して、行動経済学の視点から解決できないかを模索したケース集。

医療における行動変容について実際の事例をもとに説明している。

 

手指消毒の遵守率は医者が説くよりもマスコミで繰り返し報じたほうが向上した。HPVワクチンを本来の接種状況に戻すために参考となる研究、ステロイド忌避の患者にどう対応するか、など。

 

私は医療従事者ではないが、行動変容の事例集として読んでも、現在の医療問題を把握する本としても面白かった。

この本が出る前に理論編として『医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者』という本もあるみたいなので今度読んでみる。

 

思考を哲学する

 

思考を哲学する

思考を哲学する

Amazon

思考とはなにか、近代化で思考のアウトソースが進んでいるのではないか、という講義をまとめた本。

そもそも思考とは何かから始まり、スキル化された思考やポリコレによる停滞、理論に追従する現実など。

難しい内容ではあるのだが、講義形式の文体で例え話も多くあり、読み解きやすかった。

言葉によって対象を分け認識するが、初めに分けられるのは「世界」と「私」であり、それは身体の自覚から得られる、という考えは頭にとどめておきたい。

 

湖の科学

 

湖について陸水学の視点から見る本。湖に対する視点が変わる良書。

湖の水の流れ、棲む生物、地質、人間社会など湖に関する総合的な研究がコンパクトにまとめられている。

日本語版を出すにあたって日本の湖沼、特に琵琶湖についての加筆がされている。

 

ウイルスの進化史を考える

ウイルスの進化史について。

ウイルスの変異あたりの細かい話ではなく、そもそもウイルスがどう発生したか、どのように機能をそぎ落としたり、生き物に入り込んだりしたかについて考察している。

わからないことが多いので妄想話が多分に含まれると但し書きをつけながらも、RNAウイルス・DNAウイルス・レトロウイルスそれぞれの特徴と進化の歴史をたどっていく。

 

包丁研ぎの技法

包丁の研ぎ方が味にどう影響するかを追及している人が書いた本。

食材と砥石の番手、包丁や砥石の製法の違い、研ぎ方、天然砥石についてなど。

料理人に向けて書かれた内容なので家庭に適用するのはもちろん過剰だが、刃の状態と味、研ぎ方は普通に参考になりそう。

うっかり6000番あたりのレジノイド製法で作られた砥石が欲しくなってきてる。

 

物理学の野望~「万物の理論」を探し求めて~

かなりかみ砕いて解説された物理学史。高校時代に読みたかった本。

古代ギリシャから相対性理論までの歴史を「万物の理論」という物理学が目指す最終目的地を主軸に書かれている。

地動説やニュートン力学、相対性理論が物理学にとってどのような意味を持つのか、なぜそれがすごい発見と呼ばれるか、物理学は最終的にどこを目指しているのかについて書かれていて、受験勉強として物理をやるまえに知っておきたかったね、となった。

 

 

 

2022年5月に読んだ本

いつもの

人を賢くする道具

人間よりもテクノロジー側の要求に重点を置きすぎている問題について。機械と人間で得意な作業は異なるが、機械を正常に動かすために機械の要求に合うような仕事が人間の不得意なことにもかかわらず積み上げられている、という概略。原書は1993年。

 

UIデザイン必携

WebサイトやアプリのUI設計。かなりわかりやすくまとまっているので、参考書として投げるのにとてもよさそう。スマートテレビ上のアプリ設計に関する言及も多め。

目の見えない人は世界をどう見ているのか

 

目の見えない人が空間をどうとらえているのか、晴眼者とのとらえ方の違いについて。見えない世界は情報量が少ないが、視点に縛られないため空間を3次元的に把握でき、死角の少ないとらえ方ができてるのではないか、という考えが新鮮だった。

人類冬眠計画

 

冬眠研究の現状について。いまは哺乳類であるハツカネズミを人為的に冬眠できるようになったところ。冬眠とは何か、眠りを妨げずに眠っていることを知るにはから始まり、モデル生物での研究の始まり、これからの展望が描かれている。SFでない冬眠について知るにのに良い。

太陽系観光旅行読本

 

太陽系観光が一般的になった世界でツアー会社は各惑星をどのように紹介するだろうか、を書いた本。各惑星の気候やおすすめ観光スポットなどを紹介する。火星でのネットは忍耐が要る、土星の輪から取った氷でドリンクを冷やそうなどユニークな視点でサイエンス知れる。

太陽の支配

 

太陽の一生と人間との関わりについて。太陽崇拝や暦から始まり過去どのように観測してきたのか、そしてこれから太陽とどのように関わっていくのか。原著がちょっと古いっぽく訳注で最新情報がいくつか付け加えられている。

土 地球最後のナゾ

 

土の研究者の世界の土を探す旅と、その土を使って増える人口を養うにはどうしていけばいいのかについて。ポドゾルやチェルノーゼムといった地理の時間に学んだ単語がどういう土を指しているのか、豊かな土とはそもそもどんなものなのかが少しわかった気がする。

昆虫の惑星

 

興味深い虫の生態や能力、ヒトがいかに虫のお世話になっているかについて。『この世界にはヒト一人につき二億匹以上の昆虫がいるともいわれる』とはじまり、昆虫の生態系における影響や産業に与える影響などの解説の後に、その昆虫がいま激減しているとまとめられている。

奇想天外な目と光のはなし

 

動物や昆虫の目や資格や見た目の話。目の進化から始まり、有効視野に擬態、ヒトの視力の限界、季節によってかわるメダカの色覚、構造色の仕組み、光の順応等々、見た目とみることに対するいろいろな豆知識が書いてる。