事業者変更承諾番号を払い出して、ソフトバンク光からenひかりに乗り換えた話

ソフトバンク光からenひかりにコラボ光の事業者変更を使って乗り換えたので経緯のメモ

f:id:alfe1025:20200913134544p:plain

 

乗り換えるときにいろいろとググってみたのだけども、ソフトバンク光で事業者変更承諾番号を払い出す話があまりなかったので、どこにどういう連絡すればいいかまとめておきます。

 

乗り換えようと思ったきっかけ

きっかけはソフトバンクの通信障害。リモートワークしてるときに回線が繋がらなくなるの非常にしんどい。

www3.nhk.or.jp

 

そのあと障害は復旧したと8月1日に発表されたんですが、そのあともぶちぶちと切断が発生してて、この回線では仕事ができないと解約を決意。

www.softbank.jp

 

事業者変更承諾番号の払い出し

で、2019年7月1日から光コラボレーション事業者の乗り換えがしやすくなる「事業者変更」という仕組みがあることをこのとき知りました。

これは何かというと、光回線のプロバイダを工事とかなしで変更できるというもの。

使ってるプロバイダと乗り換えたいプロバイダがともに光コラボレーション事業者(https://flets-w.com/collabo/list/index.php)なら、こちらから電話だけすればあとはプロバイダ会社同士で引き続きをしてくれるっぽい。

 

この「事業者変更」をするためには、使っているプロバイダで「事業者変更承諾番号」というのを出してもらってから乗り換えたいプロバイダに渡す必要があります。

 

 

ソフトバンクから事業者変更承諾番号を発番する

残念ながら、ソフトバンクのヘルプページにはソフトバンクで事業者変更承諾番号を発番する方法は載っていませんでした。

というわけでサポートチャットに事業者変更承諾番号を取得したい旨を伝えると、「電話でしか受け付けていない」との回答。

 

 

というわけで電話します。

待ち時間が10分、事業者変更承諾番号取得のためのやり取りで20分くらいかかりました。資料を目一杯まとめてもこれくらいの時間がかかったので、1時間ほど余裕があるときに電話するとよいかと。

 

なぜやり取りで20分も掛かったかというと、解約の引き止めがしつこいため。

ソフトバンクの通信障害があったので解約したいというと「NTT東日本に問題があり、ソフトバンクに非はないのですがそれでも解約されるのですか?」と返されたり(通信障害起きてたのソフトバンクだけ)

じゃあ料金が高いので、というと「今後1年間、毎月1000円引きさせていただきますがいかがでしょうか」と答えられたり(1000円引いても乗り換え先のほうが安い)

その他、乗り換え先についてあれこれ聞かれた挙げ句、「その程度の理解でしたら、先方にもう一度お問い合わせいただいてから、もう一度お問い合わせいただけますか」(この時点で通話開始20分)と来たので、さすがにここでキレて「まずは事業者変更承諾番号取得を払い出せ」と強めの口調で言ってやっと話が進みました。

 

あとはもろもろの注意事項。

  • 中途解約のため違約料が10,450円、その他手数料で3,300円、合計で13,750円。
  • ソフトバンク光の解約日が先方の開通日になる。
  • 事業者変更承諾番号取得の通知は翌日にSMSにて(他事業者は当日にくるらしいので遅め)
  • ソフトバンク光の利用料は日割り。ただしオプション(光BBユニットレンタル料など)は満額支払い。
  • 光BBユニットは解約日後2週間以内に元払いで返却。

などなど。

 

enひかりに事業者変更承諾番号を入力する

乗り換え先はenひかりにしました。月額料金が安いのと、n年縛りとかがなく解約時の違約金がなかったので。

enhikari.jp

 

ソフトバンク光に電話した次の日、SMSで届いた事業者変更承諾番号取得と名前と住所を申込みフォームから入力して送信。

当日中に確認の電話が来ました。ここでは入力内容の確認。

 

入力が金曜日だったので土日を挟んで月曜日に再度連絡。

こちらの電話は工事日の相談。工事日といっても工事自体はないので、いつから開通するかの決定。次週の土曜日が最短だったので、そこで決定。

で、IPv6プラスのオプションを申し込んでいたのですが、この電話で「IPv6を過去のプロバイダでも使っていたなら、先方に電話して早めにIPv6を外しておくと引き継ぎがスムーズです」と伝えられました。

 

IPv6

調べてみると、IPv6オプションがプロバイダに紐付いているようす。

どういうことかというと、ソフトバンク光でIPv6を使っていた場合、ソフトバンク光でIPv6のオプションを外さないと、enひかりでIPv6の設定ができないということ。

そして今回、v6プラスというオプションを付けてしまったのでPPPoEの接続設定が払い出されてません。つまりソフトバンク光がIPv6のオプションを外すまでenひかりに接続ができないということ。

 

というわけで再度ソフトバンクのサポートに「解約日より前にIPv6の設定を外したい」と連絡しました。

「お客様では、切り替えのお手続きができなくなっております」と返ってきました。

「事業者変更切り替え日に自動で廃止になります」とのこと。

こちらから完全に打つ手なし。

 

ということで事業者切替日と2日後の昼過ぎまではインターネットに接続できなくなりました。

事業者切替日過ぎてからのどこかでバッチ処理でIPv6の設定が外れて、翌日にenひかりでIPv6設定ができるようになったとかじゃないかなと予想してます。

 

回線速度

 下りが800Mbps、上りが600Mbps。上々ですね。

ソフトバンクのときよりも100Mbpsくらい上がってる気がしますが、ちゃんと平均とか取ってないので完全に感覚値。

 

使っているルータはWSR-1166DHPL2。v6プラスに対応してて11ac/n/a/g/bが飛び、値段もそこそこ手頃。v6プラスだとプロバイダからもらう紙を見ながらIDとかパスワードとかを入れなくても良いの楽ですね。全部自動でよしなにやってくれる。

 

 

まとめ

 

というわけで、まとめました。

 

enひかりに関してはまだ使い始めたばかりなのでレビューとか書けないのですが、先に書いたとおり下りで800Mbps出るくらいの速度があり、電話での対応も好感触だったのでいまのところオススメできそう。

懸念点としてはWebコンソールとかが無いことですかね。どのオプション付けたかを確認するには電話するか「開通のご案内」という封筒を大事に取っておくしかなさそう。

 

というわけで、しばらくenひかりでインターネット生活します。

WH-1000XM4を買った

買っちった

f:id:alfe1025:20200904115137j:plain

 

なにこれ

今日発売したばかりのノイズキャンセリングヘッドホン。

ノイズキャンセリングヘッドホンとしてやけに評価が高かったWH-1000XM3の後継機にあたるヘッドホンで、発売前から各種レビュアーが絶賛してたり。

 

私にとっては初ノイズキャンセリングヘッドホンなんですが、どこかで機会があれば買いたいなと思ってたところにWH-1000XM4新発売の情報が来て、「当分値下がりもないだろうし買っちまうか」となって、いまに至る感じ。

 

つなぐ

f:id:alfe1025:20200904115229j:plain

箱開けるとこんな説明書きが出てくるので、 https://www.sony.jp/hpc をスマホで開いてアプリをインストール。

アプリを入れなくても使えそうな雰囲気はあるが、細かいコンフィグとかはアプリ経由で行う。アプリ入れたあとヘッドホンの電源を入れたらBlueToothの接続を勝手にやってくれる。

 

アプリ画面はこんな感じ。

f:id:alfe1025:20200904182907j:plain

接続中の機器、という項目にF1(スマホ)とデスクトップの2つが表示されてる。

WH-1000XM3との違いの1つに、2台まで同時接続できるというのがあったので設定をした。

 

ヘッドホンの電源を入れるとスマホとデスクトップの2台共に接続しにいき、どちらかの端末で音が再生されるとそれを探知して音を流してくれる。

スマホで音楽聴いてるときに再生を一旦止めて(右耳を2回タップで停止できる)デスクトップのYoutubeを見る、みたいなことができる。

そして、Youtubeのタブ閉じてまた2回タップするとスマホの音楽が流れ出す。

ミックスして流すわけではなくデバイスを切り替える感じの動作。切り替え自体は凄くスムーズで良き。この機能、他のヘッドホンでも欲しいのだが。

 

ノイズキャンセリング

私にノイズキャンセリングヘッドホンの性能比較ができるだけの知識がないので、他のと比べてどうとかいう話はできないが、エアコンとか冷蔵庫とかのノイズはさっぱり聞こえなくなってすごいなと思った。

扇風機の羽音は若干聞こえるかな程度。外したときに「もともとこんなに音の多い環境だったのか」とびっくりする。

 

音質

音も良い感じ。何を聞いても程よい感じに聞こえる。

せっかくのノイズキャンセリングヘッドホンなので、少し小さめの音量でBGMを流す、みたいな使い方が最適な気はする。

あとはアプリ側にイコライザも付いてるので調整が可能。

 

つけ心地

数時間付けてても圧迫感とかはなく付け続けられる。

ただ音楽が鳴ってないときもノイズの打ち消し音は流れてるので、普通のヘッドホンとは少し違った違和感はあるかも。これ付けたまま音楽止めて昼寝したら起きたときに耳甲介の部分がちょっと痛くなったので。

 

まとめ

f:id:alfe1025:20200904115420j:plain

総じて満足。

 

在宅ワークしてて工事の音気になるときとか、乾燥機まわしてるときとかに重宝そう。

マイクも付いてるのでテレビ会議とかにも使える。マイクの音質はよくわからないが言葉が通じてるので大丈夫かな。

 

購入検討してる方は有名なプロダクトなだけあって有識者がいろいろレビューしてたりしてるので、そっちも見たりしてみてください。

 

2020年8月に読んだ本

いつもの

 

f:id:alfe1025:20200822083931j:plain

 

人間のトリセツ 

人間のトリセツ ──人工知能への手紙 (ちくま新書)
 

未来の人工知能に向けて書かれた人間の取り扱い説明書。良書。

20年以上前に書かれた『恋するコンピュータ』に対するアンサー本といった趣も感じる。


あらゆる知性で人工知能が人間を超えたとき、人間の存在意義として何が残るか。

古の時代のAIエンジニアというバックグラウンドでここまでエモく書かれたら巷のAI本じゃ勝てない。

 

カーム・テクノロジー

日常に溶け込む通知について。

必要なときに程よい通知をするのが大切で、不適切な通知を続けると電池を抜かれてしまう。

目標到達に必要な注意力の量を減らすにはどうすればいいのかについて基本原則やエクササイズが書かれている。

IoTのインタラクションに携わる分野の人に読んでほしい。あとカームテクノロジーをWebサイトに盛り込んだ事例とかあれば教えてほしい。

 


日本人の坐り方

日本人の坐り方 (集英社新書)

日本人の坐り方 (集英社新書)

 

絵巻や仏像などから日本人の座り方の変遷を見ていく本。

正座が一般化したのは明治の近代教育から。お茶の席では立て膝座りがメインで千利休は胡座を好み、袴の時代には正座でも女の子座りでも外から見えないなど、非常に興味深い話が満載。

 

この本読んでから立て膝座りしながらちゃぶ台でPC使ってたりするのだけども、楽そうに見えて案外腹筋がつらかったりするので、椅子で姿勢を正すときとは違う部分の体幹が鍛えられそうな雰囲気がある。


西洋の自死

西ヨーロッパの移民受け入れが失敗しているという警告の本。

特にドイツの移民政策とイスラム系の移民について詳しく書かれていて、例えばドイツに来た移民がドイツの文化に馴染もうとする気はなく、宗教的殺人を進んで行い、なんなら「ドイツ人はどこにでも行けるんだから、ドイツを移民に明け渡して出ていってほしい」とまで言っている。

さらに移民による犯罪が統計上も増えているが、ポリコレ棒を恐れて国は隠そうとし、被害者ですらただ耐えて黙殺しているとか。

救いがない。

 


国民の神話 

国民の神話 日本人の源流を訪ねて (産経NF文庫)

国民の神話 日本人の源流を訪ねて (産経NF文庫)

 

古事記の解説。

いくつか主だった部分を引用して現在の地名や平安時代の背景を解説していく本。

正直なところ逸話がさっぱりわからないので、「まずは元の話を通しで読まないとな」と読みながら思うなどした。

 

冷蔵庫で食品を腐らす日本人

冷蔵庫で食品を腐らす日本人 (朝日新書)

冷蔵庫で食品を腐らす日本人 (朝日新書)

 

時代ごとに巨大化する冷蔵庫から始まる食に関するエッセイ。

過去50年の日本人の食の変遷についてが著者の生い立ちとともに語られてる。

 

コロナ禍で自炊し始めた人はこの本に限らず魚柄さんの本を一冊読んでおくといい。自炊に対する心構えみたいなのがいい感じに削ぎ落とされるので。

 


リアルな肉食動物図鑑

リアルな肉食動物図鑑

リアルな肉食動物図鑑

  • 発売日: 2020/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

肉食動物の捕食シーンの写真集。ライオンやサメ、オコジョに蜘蛛まで。

カエルの口から覗くネズミの顔とか、トカゲを食いちぎるハリネズミの写真はヒェッってなった。

 


手作り超ミニ水族館ボトリウム

手作り超ミニ水族館 ボトリウム 新装版 (Boutique books)

手作り超ミニ水族館 ボトリウム 新装版 (Boutique books)

  • 作者:田畑 哲生
  • 発売日: 2020/07/06
  • メディア: 単行本
 

ボトルサイズのアクアリウム本。作例とか作り方とか。

このサイズのボトルに生体いれて大丈夫なのか、すごいなってなった

 

 他の月

blog.alfebelow.com