FUN YOU BLOG

JavaScriptでURLを扱うのにpurlが便利という話

大学の卒研のため、Webページ使っていろいろしているんですが、 作業ページが増えてくるにしたがって、urlの扱いに困るようになりました。

作業ページ開くのに、「url+フラグ」とかで開ければかっこいいなとか思って いろいろ調べてみると、purl.js というのが便利そうなのでメモ。

使い方は簡単 purl.js(https://github.com/allmarkedup/purl)から、purl.jsをダウンロード。

||

||< で purlを読み込む。

||

||< としてやると、 http://hoge/#up と入力して http://hoge/test/up/uploader.html に飛んでくれるというわけです。

purl() が 現在のURL .attr('fragment') で #up のような #がついた文字列(フラグ)を読み取ってくれます。

indexページの隠しリンクとして仕組んだり、 フラグから読み込む画像ファイルを変更とかしたり。 使いどころはいろいろありますよ。