FUN YOU BLOG

2014年に読んだオススメラノベ7冊

今年もわずか。
そろそろ今年読んだ一押し本を記しておかないとですよね。

今回はライトノベル編。
良作揃いなのでぜひ読んでみて。

f:id:alfe1025:20141226211454j:plain

読んだ順に並べております。

###世界征服 2−00−02 [https://twitter.com/alfe_below/status/420671618809999360:embed#世界征服 2−00−02 読了]

thumb 世界征服 2 00-02 (星海社文庫) 至道流星(著),霜月えいと(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4061389467

thumb 世界征服 2 03-08 (星海社文庫) 至道流星(著),霜月えいと(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4061389491

『世界征服 2-00-02 』『世界征服 2 03-08』の上下巻。講談社の単行本を再録したもののようす。

タイトル通り、世界征服をもくろむ話。
ジャンルは政治と経済。
”陰謀論”,”B層戦略”,”衆生” このあたりのキーワードにピンと来る人には刺さります。

経済といっても『狼と香辛料』といった数字的な話ではなく、舞台が現代日本なので妙な生々しさがあります。
そういった意味では『お金と正義』 と似たほうな系統かも。

thumb 狼と香辛料 (電撃文庫) 支倉凍砂(著),文倉十(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4840233020

thumb お金と正義(上) (PHP文庫) 神田昌典(著)https://www.amazon.co.jp/dp/B0079A5XF6

###ノーゲーム・ノーライフ [https://twitter.com/alfe_below/status/495042594976456705:embed#ノーゲーム・ノーライフ 06 読了]

thumb ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J) 榎宮祐(著,イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4040663829

今年の春アニメ化したノゲラ。 ・・・え 春アニメだっけ。もっと最近かと思ってた。

6巻は大戦時代の話。サイドストーリーな0巻の扱い。空白の2人は活躍しません。

この6巻はぜひともアニメ化してほしいですね。絵的にもかなりかっちょ良いアクロバティックなシーンになるはず。

###ヴァルキリーワークス [https://twitter.com/alfe_below/status/538314453394026496:embed#ヴァルキリーワークス 4 読了 - 駄ルキリーのかわいさ。主人公の性格は結構好き]

thumb ヴァルキリーワークス 4 (GA文庫) 逢空万太(著),蔓木鋼音(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4797377526

thumb ヴァルキリーワークス (GA文庫) 逢空万太(著),蔓木鋼音(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4797373342

フェル子さんかわいいよフェル子さん

『這いよれ! ニャル子さん』でおなじみ、逢空万太先生の作品。
私的にはニャル子さんよりもこちらのほうが好み。吹っ切れてる主人公って見てて楽しいですよね。
ニャル子とまひろの関係をひっくり返したの。だいたいそんな感じ。

刺さる層としては・・・『這いよれ! ニャル子さん』とか『変態王子と笑わない猫。』が好きな人達
ニャル子さんも最終巻迎えましたね。読み終えたときに、まとめる気あったのか作者…という妙な驚きはあった。

thumb 這いよれ! ニャル子さん 12 (GA文庫) 逢空万太(著),狐印(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4797374241

thumb 変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J) さがら総(著),カントク(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/484013555X

###サクラダリセット [https://twitter.com/alfe_below/status/539197737514717185:embed#サクラダリセット 7 読了 - 最終章後編。そして完結。この物語がよくまとまったな、というのが読み終わった後の感想。文体で好みはわかれるだろうけど、私の推しラノベの一冊。]

thumb サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫) 河野裕(著),椎名優(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/B009GPM9H2

伏線の回収が美しいライトノベル。全7巻。
3巻での話の広がりが鳥肌ものでしたが、ここまでうまくまとまるものかと最終巻の終え方も圧巻でした。

文体が、ライトノベルというよりは純文学に近いので、読む人を選ぶかもしれない。

『悪魔のミカタ』とか『レジンキャストミルク』とかが好きな人には刺さりそう。
…古いな。
『悪魔のミカタ 666』の7巻とか出るのでしょうか…。

thumb 悪魔のミカタ666スコルピオン・オープニング (電撃文庫) うえお久光(著),藤田香(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4840237212

thumb レジンキャストミルク (電撃文庫) 藤原祐(著),椋本夏夜(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4840231516

###アウトブレイク・カンパニー [https://twitter.com/alfe_below/status/546499599066619904:embed#アウトブレイク・カンパニー 11 読了 - エルビア姉妹の話。クラーラとミュセルの会話シーンよいですよ]

thumb アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫) 榊一郎(著),ゆーげん(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4063752038

thumb アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者11 (講談社ラノベ文庫) 榊一郎(著),ゆーげん(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4063753603

昨年の秋アニメでした。

原作のほうは、より政治的な印象が強いかも。 11巻はバハイラムのエルビア姉妹が亡命にくるお話。
9・10巻は対政府編。

しかし、見どころはそこではなく、ミュセルのかわいさ。
アキバであたふたするミュセル。クラーラとの会話であたふたするミュセル。
とてもよいです。

このシリーズは『影執事マルクシリーズ』や『C3 -シーキューブ』が好きな人におススメでしょうか。

thumb 影執事マルクの契約 (富士見ファンタジア文庫) 手島史詞(著),COMTA(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4829136944

thumb C3-シーキューブ- (17) (電撃文庫) 水瀬葉月(著),さそりがため(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4048916777

###未来/珈琲 彼女の恋。 [https://twitter.com/alfe_below/status/548026555335593984:embed#未来/珈琲 彼女の恋。 読了 - このラノ2015で発見した本その2。オススメ。陽だまりの彼女系統の雰囲気が好きな人には特に。表紙絵の雪音がかわいいです。]

thumb 未来/珈琲 彼女の恋。 (GA文庫) 千歳綾(著),アマガイタロー(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4797377194

『このライトノベルがすごい! 2015』の紹介に惹かれて読んで見たら当たりだった。
ほのぼのかわいくいじらしい、ちょっぴりシリアスな感じ。

SFというよりは、ラブコメとして読むのがおススメ。 『陽だまりの彼女』読者に特にオススメ。
『ほうかご百物語』や『憂鬱アンドロイド』読者にもいいかも。

thumb 陽だまりの彼女 (新潮文庫) 越谷オサム(著)https://www.amazon.co.jp/dp/4101353611

thumb ほうかご百物語 (電撃文庫) 峰守ひろかず(著),京極しん(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4840241686

thumb 憂鬱アンドロイド (電撃文庫) 真嶋磨言(著),珈琲(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4840230412

###人類は衰退しました [https://twitter.com/alfe_below/status/548412936394260480:embed#人類は衰退しました 9 読了 - 軌道エレベーターに乗りながら、妖精さんの歴史を見ていく最終話。ロミオ節炸裂です]

thumb 人類は衰退しました (9) (ガガガ文庫) 田中ロミオ(著),戸部淑(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/4094514945

一昨年の夏アニメでした。とうとう最終巻
アニメ視聴者にはあの独特な雰囲気をわかってもらえると思います。
原作はあの雰囲気のまま、後半になるにしたがってスケールが大きくなっていく感じです。

最終巻は、その独特の雰囲気が濃密になってました。 ここであらすじを語っても1ミリも伝わらないと思うので、ぜひ原作を読んでほしい。

最終巻の雰囲気が近いのは、『紫色のクオリア』や同じ作者の『AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜』

thumb 紫色のクオリア (電撃文庫) うえお久光(著),綱島志朗(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/404867904X

thumb AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4) 田中ロミオ(著),mebae(イラスト)https://www.amazon.co.jp/dp/409451080X

###まとめ 来年も 良いラノベに出合えるといいな。
そして、もっと読みたい。通学が電車から車になったのは地味に大きい。

[/entry/2014/12/30/2014%E5%B9%B4%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E6%9B%B87%E5%86%8A_:embed]

[/entry/2014/12/31/2014%E5%B9%B4%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E5%AE%9F%E7%94%A8%E6%9B%B87%E5%86%8A%EF%BC%8B%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A0150%E5%86%8A%E3%83%AA%E3%82%B9:embed]