2017年2月に読んだ本

2月に読んだ本を並べてみる。

以前に比べると「読了したよ」ツイートの頻度は減っている。

 

というのは、 ここ最近過去に読んだ良書を読み返すことが増えてるのと

本屋でパラパラすると読むべき本かどうかが見分けられるようになってきたのが大きい。

 

今月特によかった本

今月読んだ本のうち、とてもよかったのはこの2冊

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)

 

独創性をどのように持てばいいのかを示す本。

独創性を持つ人の動き方から、どのようにすれば独創性が発揮できるのかを学ぼうという方向性

 

アイデアを出すためのTipsではなく、個人的な経験談でもない。

組織心理学者が様々な事例と研究を基に、ごく普通の人がオリジナリティを発揮するにはどうすればいいのかを示している。

しかしながら硬い内容というわけでもなく、

しかしキング牧師は、ワシントン大行進前夜の午後10時まで、演説の執筆をはじめなかったのだ。

というエピソードから、創造性が生まれるときがどういうときかを解説していたりもする。

 

最強のコピーライティングバイブル 

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮!  国内成功100事例付き

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

 

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

伝説のコピーライティング実践バイブル―史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269

ザ・マーケティング【基本篇】&【実践篇】

これらの古典をまとめた本。

 

それぞれ1冊が高いので合計すると2万円くらいになるが、最強のコピーライティングバイブルが2000円くらい。

加えて、かなりシンプルになっている。

事例が日本のものに置き換えられてるのも良い点。

 

内容的にはAIDAの法則とかキャッチコピーの書き方とか。

割と類書は本屋に並んでいたりする

しかしこの本は、これらを実際に使うにはどうすればいいのかを、見たことのある広告事例を基に解説しているためすんなりと頭に入る。

 

ザ・コピーライティング』(とかの古典)が分厚くて読めない。とか、流れが追えない。という人には非常におすすめ。

 

そのほか読んだ本

 

 

売れる文章術

売れる文章術

 

 

 このすば2期7話からの部分。アニメ最終話迎えてから読むのも吉。

 

仮面の悪魔バニルさんが主人公を張るスピンオフ。

バニルさんのキャラクターが最高。

OVAあたりでやってくれないかな。

 

 

できる人はなぜ、そこまで「姿勢」にこだわるのか?毎日5分の背骨の体操でここまで変わる!

できる人はなぜ、そこまで「姿勢」にこだわるのか?毎日5分の背骨の体操でここまで変わる!

 

 

ゲーミフィケーション ―<ゲーム>がビジネスを変える

ゲーミフィケーション ―<ゲーム>がビジネスを変える

 

  

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

 

 

「正義」は決められるのか?

「正義」は決められるのか?

 

 

 

まとめ

なにか面白い本があったら教えてください。

 

 

過去記事 

blog.alfebelow.com 

 

blog.alfebelow.com