#技術書典5 の気になってるブースをただ並べるだけ

タイトルの通り

今回から秋葉原開催ではなく、池袋サンシャインシティ2Fというところが会場。

サンシャインシティ行ったことないので、あとでぐぐる。
ただサークル数とか見るにすごく広そう。

ガチャポン会館前の雑居ビルでやってた第一回と比べるとすごい成長ぶりですよね

 

今回もWeb技術・Unityについての本を買いたいなと思ってる

 

虎の穴ラボ ス08

虎の穴が初出展。普通に気になる。

そもそも虎の穴に技術部門とかあったのかと思ったが、そういえばFantiaとかあるしお世話になってたすいませんってなった。

 

毬栗ロマン あ01

WebXRの現状確認 2018 Autumn を確認しておきたい

 

TechBooster あ11

ここは新刊の確認必須

 

ひかる黄金わかめ帝国 あ12

 この本1年前にほしかった(くろうした


さいたまぷらねっと い11

「vtuber運用など」 とだけ説明文に書いてる

たぶんこの子の運用とかの本なのかなぁ

twitter.com

 

Outlaw Tech い12

VRMファンブックらしい。

出たばかりのころほんのちょっとだけVRM触ったんだけど、それっきりなので発展具合を知りたいとこ

 

コンテンツマーケティング協会 い17

 ここの既刊の『このVRがすごい!―VRSF―』という同人誌を冬コミで買ってすごく良かったので今回の新刊も楽しみ

 

Monochrome う07

GatsbyJSをメインに、React, GraphQL, StyledComponentsなどを活用した静的Webサイト構築の基礎とのこと。

ポートフォリオページつくるのにGatsbyJSが便利らしいので勉強したい

 

肉と鍋 う20

 時代は酵素らしいので、酵素についての知識を手に入れて2kg950円の冷凍鶏肉をもっと美味く調理するのです。

 

chipcodesign う41

 同人誌表紙デザインアイディア集が気になってる

 

embryo う42

一貫性のあるユーザーインターフェースを効率的に開発するためのデザイン設計について

最近デザイン側の知識を要求されることが増えてきたので、デザイン設計についても知っておきたい

 

Indie Visual Lab か58

 Unityでかっこいいの作る技法の情報

 

空想工学舎 か71

 WebXR Device API。遊べそう。

 

バーチャルニート き27

 yui540さんのCSSアニメーションが気になりすぎるので買う

 

株式会社オライリー・ジャパン け30

終盤に見に行くとこ。

 

こんのいぬ け55

技術書典でwebアクセシビリティってあまりお見かけしない気がした

アクセシビリティ対応に役立つソフトという章が気になってる

 

火薬400g こ09

アンチドローンについて。

サークル主がセキュリティ界隈で有名な人だったりするので内容にも期待。

 

Firebase Japan User Group こ40

Firebaseはちょっとさわっただけでも便利さわかるので、機能をいろいろ知っておきたい

 

 おまけ

 これも気になってるんだけども、ある相手がいないなって・・・ 

 

 

9月に読んだ本

いつもの。
『ホモ・デウス』が非常に良かったので、データ中心主義あたりに関係する本があったら教えてください。読みたい。

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

 

 

ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

 

 

『サピエンス全史』の著者が書いた本。
今月1番良かった本はこれ。今年1番の可能性まである。

『サピエンス全史』は過去サピエンスがどのような歴史をたどってきたかについて綴られていたが、
『ホモ・デウス』はこれからサピエンスがどのような方向に向かっていくのかを考察していく内容。

上下巻になっていて、上巻はサピエンスがこれからどのような未来に向かっていくのかの概略を述べた後、それをより精査していくために人間と動物、科学と宗教について。
下巻は人間至上主義革命の広がりと、新勢力、データ教について。

上巻の1章と下巻の第3部(後ろ半分)で概略が主論は把握できるかと。
人間がより高度な知能とデータフローに飲み込まれていく予想が立てられている。
データ教を信仰している身として、着地点を考えておかなければいけないとなぁと読了後に思った。

 

たのしいインフォグラフィック入門

たのしい インフォグラフィック入門

たのしい インフォグラフィック入門

 

 
インフォグラフィックがどのように作られているのか、どのようなステップを踏むとインフォグラフィックを作るのに必要な能力をつけられるのか。


デザイナーのセンスとかそういうので作っているのかと思ってたけどそうではなくて、何のために使うのか・何を見せないのかをきちんと考えて伝わるように構成を考えていくという論理思考や図解の本としても有用そうな本だった。

 

アテンション 「注目」で人を動かす7つの新戦略 

アテンション

アテンション

 

 

人が注目をするときの段階分けと注目をするときのトリガーについて。
注目させるためのテクニックではなく、人なにになぜ注目するのかというのを7つのトリガーに分類した本。


これ系の本こそ検索したいのでKindle本がほしいのだけども。

フレーバー茶で暮らしを変える フランス人の日本茶革命!?

フレーバー茶で暮らしを変える フランス人の日本茶革命!?

フレーバー茶で暮らしを変える フランス人の日本茶革命!?

 

 

緑茶の新しい飲み方をフランス人が考えるという本。


緑茶にレモンやカシスを入れて水出ししてみたり、さつまいもチップをいれてほうじ茶にフレーバーをつけたり。
急須で淹れて飲む、という考えが前提として固まっていたなぁという発見があって、この本読んでから水出ししてみたり、一緒にすだちを入れてみたりして飲んだりし始めたら緑茶を飲む頻度が増えた。


日本茶のポテンシャルを感じる一冊。

あえて選んだせまい家

あえて選んだせまい家 (正しく暮らすシリーズ)

あえて選んだせまい家 (正しく暮らすシリーズ)

 

 

意識して狭い家を選んだ結果、家にあるモノを管理できるようになって日々の家事が楽になった、というインタビューが8人分まとめられた本。


テクニックというよりは狭い家のメリットが綴られてるので、職場から遠くてもいいから広い家がいい って人をなだめるのに活躍しそう。

「他力本願」マネジメント

「他力本願」マネジメント

「他力本願」マネジメント

 

 

浄土真宗本願寺派宗会議長と人事業務構築サービス会社の代表取締役会長が、仏教と実務の両面からマネジメントに語る本。

役員とか社長とかになってから読むと身にしみるんだろうなという感じ。

方向性としては『帝王学』に近いかな。

 

 

過去読んだ本 

blog.alfebelow.com

 

9月に読んだ本

いつもの。
『ホモ・デウス』が非常に良かったので、データ中心主義あたりに関係する本があったら教えてください。読みたい。


ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

 

 

ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

 

 

『サピエンス全史』の著者が書いた本。
今月1番良かった本はこれ。今年1番の可能性まである。

『サピエンス全史』は過去サピエンスがどのような歴史をたどってきたかについて綴られていたが、
『ホモ・デウス』はこれからサピエンスがどのような方向に向かっていくのかを考察していく内容。

上下巻になっていて、上巻はサピエンスがこれからどのような未来に向かっていくのかの概略を述べた後、それをより精査していくために人間と動物、科学と宗教について。
下巻は人間至上主義革命の広がりと、新勢力、データ教について。

上巻の1章と下巻の第3部(後ろ半分)で概略が主論は把握できるかと。
人間がより高度な知能とデータフローに飲み込まれていく予想が立てられている。
データ教を信仰している身として、着地点を考えておかなければいけないとなぁと読了後に思った。

 

たのしいインフォグラフィック入門

たのしい インフォグラフィック入門

たのしい インフォグラフィック入門

 

 
インフォグラフィックがどのように作られているのか、どのようなステップを踏むとインフォグラフィックを作るのに必要な能力をつけられるのか。


デザイナーのセンスとかそういうので作っているのかと思ってたけどそうではなくて、何のために使うのか・何を見せないのかをきちんと考えて伝わるように構成を考えていくという論理思考や図解の本としても有用そうな本だった。

 

アテンション 「注目」で人を動かす7つの新戦略 

アテンション

アテンション

 

 

人が注目をするときの段階分けと注目をするときのトリガーについて。
注目させるためのテクニックではなく、人なにになぜ注目するのかというのを7つのトリガーに分類した本。


これ系の本こそ検索したいのでKindle本がほしいのだけども。


フレーバー茶で暮らしを変える フランス人の日本茶革命!?

フレーバー茶で暮らしを変える フランス人の日本茶革命!?

フレーバー茶で暮らしを変える フランス人の日本茶革命!?

 

 

緑茶の新しい飲み方をフランス人が考えるという本。


緑茶にレモンやカシスを入れて水出ししてみたり、さつまいもチップをいれてほうじ茶にフレーバーをつけたり。
急須で淹れて飲む、という考えが前提として固まっていたなぁという発見があって、この本読んでから水出ししてみたり、一緒にすだちを入れてみたりして飲んだりし始めたら緑茶を飲む頻度が増えた。


日本茶のポテンシャルを感じる一冊。


あえて選んだせまい家

あえて選んだせまい家 (正しく暮らすシリーズ)

あえて選んだせまい家 (正しく暮らすシリーズ)

 

 

意識して狭い家を選んだ結果、家にあるモノを管理できるようになって日々の家事が楽になった、というインタビューが8人分まとめられた本。


テクニックというよりは狭い家のメリットが綴られてるので、職場から遠くてもいいから広い家がいい って人をなだめるのに活躍しそう。


「他力本願」マネジメント

「他力本願」マネジメント

「他力本願」マネジメント

 

 

浄土真宗本願寺派宗会議長と人事業務構築サービス会社の代表取締役会長が、仏教と実務の両面からマネジメントに語る本。

役員とか社長とかになってから読むと身にしみるんだろうなという感じ。

方向性としては『帝王学』に近いかな。

 

 

過去読んだ本 

blog.alfebelow.com