2019年4月に読んだ本

瞬間のちから

瞬間のちから

瞬間のちから

 

 記憶に残る瞬間をいかに作り出すか。思い出に残る瞬間、あの時から人生が変わったと呼べる瞬間を作り出すためには。

良い本なのだけど、びっくりするくらい話題になってない。

思い出に残るイベントを起こすと顧客満足度にどれだけポジティブな影響を与えるのか、節目をきちんと祝うとどれだけ社員のモチベーションがあがるのかなど。

 

なぜ科学はストーリーを必要としているのか

なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術

なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術

  • 作者: ランディ・オルソン,Randy Olson,坪子理美
  • 出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

こちらも良書。
生物学教授(終身在職権)をやめて、ハリウッドに移って脚本家・監督に転身した人が書く、
科学論文にハリウッド映画の構成を用いて、科学的ながら興味を引く話の仕方、序文の書き方について。

科学に興味を持ってもらえない、プレゼンが退屈だと感じる、という問題を解決するための構造とその背景解説。
紹介されているABTテンプレート(そして、しかし、したがって)がとてもシンプルで使いやすい。

 

台所にこの道具 

台所にこの道具

台所にこの道具

 

日本の良い台所道具を紹介する本。
あとがきにある「レシピありきから、道具ありきへの料理」という表現がしっくりくる。

さわらのおひつ、丸網が欲しくなってる。

 

DaVinci ResolveカラーグレーディングBOOK

DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK

DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK

 

映像の色調補正について。
取った動画をぱきっとした感じにするにはDaVinci Resolveをどう扱えばいいのか。
前半は事例紹介、後半で具体的なソフトの使い方など。
事例の1つにアジカンのMVが出てきてびっくりした。

あと、事例の中で紹介されていたいったんモノクロにしてからコントラストを調整するというのは写真加工にも使えそう。

 

ドールハウス-ヨーロッパの小さな建築とインテリアの歴史-

ドールハウス-ヨーロッパの小さな建築とインテリアの歴史-

ドールハウス-ヨーロッパの小さな建築とインテリアの歴史-

 

1600年代につくられたドールハウスから始まって現在のものまでの歴史を概観。
400年前につくられた木製のドールハウスがこれだけきれいに残っているのだなぁとおもうと感慨深い。

芸術的な価値だけでなく、当時の生活を研究する資料としても活用されているのだとか。

古くは使用人への教材として使われていたとか、ドールハウス製作業者がいなかったので本職の大工さんがつくったとか、そういったうんちくも含めて興味深く読んだ。

 

神話のマネジメント

神話のマネジメント

神話のマネジメント

 

ビジネスのライフサイクルについて。 『成功者の告白』のベースになってるメソッドっぽい気がする。

 

欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

欲望の資本主義2―闇の力が目覚める時

  • 作者: 丸山俊一,NHK「欲望の資本主義」制作班
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

同名番組の書籍化。2つの対談の文字起こし。

 

健康帝国ナチス

健康帝国ナチス

健康帝国ナチス

 

ナチスドイツのがん研究について。

ファシズムが描くライフスタイルが現在の理想的な食生活と似ていること、ナチスドイツ時代のがん研究が現代の治療に役立っていることを述べる。

 

引き算のデザイン

引き算のデザイン ミニマル・グラフィックス・コレクション

引き算のデザイン ミニマル・グラフィックス・コレクション

  • 作者: グラフィック社,今井悟朗
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2018/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

ミニマルデザインなプロダクトの作例集

 

心に響く皇室の所作

心に響く皇室の所作

心に響く皇室の所作

 

皇室ジャーナリストが皇族の所作や心配りを伝える本。

陛下のエピソードがたくさん入ってるので、退位にからめて読んでみるのも良いかと。

マナー本としても下手なマナー本よりおすすめできる。

 

 

blog.alfebelow.com

 

3月に読んだ本

3月に読んだ本をただ並べるだけ 

ヴァーチャル社会の〈哲学〉―ビットコイン・VR・ポストトゥルース―

ヴァーチャル社会の〈哲学〉―ビットコイン・VR・ポストトゥルース―

ヴァーチャル社会の〈哲学〉―ビットコイン・VR・ポストトゥルース―

 

 

情報社会の社会哲学的・メディア論的な考察

ビットコイン・VTuberといった最近の情報を話題にしながら情報社会の価値がどのように移り変わっていくのかについて述べている

哲学用語がバンバン出てくるので少し面食らったが、読んで良かった一冊

ヒトはなぜ拍手をするのか―動物行動学から見た人間

ヒトはなぜ拍手をするのか―動物行動学から見た人間 (新潮選書)

ヒトはなぜ拍手をするのか―動物行動学から見た人間 (新潮選書)

 

人の習性を動物行動学の観点から解説してみよう、という本。

なぜ電話で謝るときにも頭を下げるのか、赤ちゃんに「いないいないばあ」するのはなぜ、なぜ幽霊をこわがるのかなど。

子ども科学電話相談みたいな面白さがある。

YouTubeの時代

YouTubeの時代 動画は世界をどう変えるか

YouTubeの時代 動画は世界をどう変えるか

 

YouTubeの始まりとこれまでにトレンドになった動画の紹介をする本。

YouTubeの中にいるどんな動画がトレンドになっているのかを追いかける専門のひとが書いている。

選択の科学

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

 

選択が人にもたらす影響について。

ジャムの種類の多さと売上の関係についての有名な研修をした教授が選択についての研究を紹介する本。

なにかと引用できそうな研究も多数。

 

幸福だけが人生か?

幸福だけが人生か?: ポジティブ心理学55の科学的省察

幸福だけが人生か?: ポジティブ心理学55の科学的省察

  • 作者: クリストファー・ピーターソン,宇野カオリ
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

ポジティブ心理学の創始者の1人が書いた、ポジティブ心理学の理論や研究結果、そしてその研究が実際にどういう風に使えるかについて、関係する研究をキュレーションした本。

小ネタとして使いやすい内容も多数

超ノート術

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

 

アートディレクター・プランナーがどのようにアイデアを出しているかについて。

1アイデアマンの個人的なアイデアを出す方法なので、具体的な1例として参考なる

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門

 

最近はやりのAIというものをかなり簡潔に説明している本。

「AIで業務効率化だ!」みたいな漠然とした施策を提案してくる人に投げたい。

あるあるデザイン

あるあるデザイン〈言葉で覚えて誰でもできるレイアウトフレーズ集〉

あるあるデザイン〈言葉で覚えて誰でもできるレイアウトフレーズ集〉

  • 作者: ingectar-e
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

よくあるデザインレイアウトまとめ。

みたことのあるような作例が並ぶのだけど、名前がついてることによってデザインの引き出しを開けやすくしている。

ポスター作る機会がよくあるなら一冊持っておくと便利そう

脳を「接待」する!

脳を「接待」する!  上手な脳内リズムの整え方

脳を「接待」する! 上手な脳内リズムの整え方

 

脳の動きをよくするためのメソッド。

睡眠・呼吸・マインドフルネスを使って脳をいたわろうという内容。

わりとベーシックな内容なので、これ系の本の入門にいいかも。

TED TALKS

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

 

TED代表兼キュレーターがうまくTEDトークをする方法について解説する本。

数々の一流のトークを見てきただけあって、良い例・悪い例もハッとさせられるものばかり。

TED的なプレゼンをするならすごくお勧め

ミニ枯山水の世界

心が整う 禅の庭づくり ミニ枯山水の世界

心が整う 禅の庭づくり ミニ枯山水の世界

 

箱庭サイズの枯山水をつくる本。

住職が書いている本で、枯山水を禅の視点から見た解説も。

 ーーー

blog.alfebelow.com

blog.alfebelow.com

 

 

2月に読んだ本

さて2月分。

 

霊長類図鑑

霊長類図鑑―サルを知ることはヒトを知ること

霊長類図鑑―サルを知ることはヒトを知ること

 

今月一番面白く読めたのはコレ。

日本モンキーセンターの編纂したサルの図鑑。

 

ページ数はそんなに。ただ薄いが内容はすごく濃い。

モンキーセンターのそれぞれの専門家が一言ずつ解説をしていてかなり興味深い。

霊長類ってチンパンジーとかゴリラくらいの印象しかなかったが、まるでリスのようなキツネザルやネズミみたいなガラゴ、NPCとしてでてきそうなエンペラータマリンやテングザルなど、知識がなくても楽しめる。

 

サピエンス異変

サピエンス異変――新たな時代「人新世」の衝撃

サピエンス異変――新たな時代「人新世」の衝撃

  • 作者: ヴァイバー・クリガン=リード,水谷淳,鍛原多惠子
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2018/12/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

ヒトの体に起きた変化について。

人新世という地質学の概念から初期人類と比べて人がどのように変わってきているか、経済・労働・環境がヒトの体にどのような影響を与えているかを述べる。

著者が腰痛だからか姿勢や腰の痛みに言及しがちなところもあるが、生活様式や文化によって人類の身体にどういう影響が加わってきたかについての知見が得られる。

類書としては『私たちは今でも進化しているのか? 』とかあたり。

 

英語教師のための第二言語習得論入門

どのようにして外国語を学べばいいかについて。

英語の勉強をし直そうと思ったときに、テキストや講座に通う前に読んどくとよさそう。

言語の研究があることは知っていたが、第2言語や外国語の学習方法についての研究を行う学問があることをはじめって知った。SLAというらしい。 

英語教師のための第二言語習得論入門

英語教師のための第二言語習得論入門

 

 外国語学習に成功する人、しない人 

外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)

外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)

 

上の本と同著者。外国語習得方法の研究がどうなっているのかの概要。

なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか?~「公的言語」トレーニング~

なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか??「公的言語」トレーニング? (光文社新書)
 

小泉純一郎・石川遼のスピーチをベースに、どのように話せば人を引き付けられるのかについての解説。

公的言語というより上記2人の演説を紹介する本。

 

 

あなたに合う睡眠薬と精神安定剤 

あなたに合う睡眠薬と精神安定剤

あなたに合う睡眠薬と精神安定剤

 

睡眠薬や精神安定剤の種類と注意、使う前にできることについて。

使い始めるときに読んでおくとよさそう。

こういう冊子を厚生労働省あたりに配って欲しい。

 

うつくしい博物画の記録

うつくしい博物画の記録 しぜんを しるための えほん (しぜんをしるためのえほん)

うつくしい博物画の記録 しぜんを しるための えほん (しぜんをしるためのえほん)

 

博物画だけを集めた本。過去、分類学に用いられたであろう資料が載せられている

誰でもなれるアイデアの天才

誰でもなれる アイデアの天才

誰でもなれる アイデアの天才

 

アイデアを出すためのメンタルとかについて。

5回も変形させればまねたものでもオリジナルになる、というのはなるほどなってなった。

みんなのコンピュータサイエンス 

みんなのコンピュータサイエンス

みんなのコンピュータサイエンス

 

情報学入門。大学時代に情報の授業で習ったのってこんな感じだったなぁと懐かしみ。

文系出身のプログラマーに論理回路とかオーダについて尋ねられたときに投げ返す本として最適。

ぶれない軸をつくる東洋思想の力 

ぶれない軸をつくる東洋思想の力 (光文社新書)

ぶれない軸をつくる東洋思想の力 (光文社新書)

 

東洋論理学をもとにコンサルタントをしている人が説く東洋思想のススメ。

論語や四書五経に対して難しい印象を持っていたが、このように現代でも生かせるかことを説いてもらうと学んでみようかという気になってくる

最速でおしゃれに見せる方法 

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 

ユニクロで着こなしを整える知識。

参考になるが、個人的には『メンズファッションの解剖図鑑』の方が好み

 

 

blog.alfebelow.com

 

 

blog.alfebelow.com