PAVLOKを購入して10か月経ったのでレビュー


PAVLOKを購入して10か月くらい経ったので、ちゃんとレビューを書こうと思います。

◆ PAVLOKとは

そもそもPAVLOKってなんだという人に向けて、どんなデバイスなのかを軽く説明すると、
腕時計みたいにデバイスを取り付けて、ボタンを押すと電撃が走るというものです。

 

公式URL: http://pavlok.com/

 

◆ 何ができるの?

基本機能はボタンを押すと電撃が流れる。それだけ。

 

付属機能として、バイブレーション、ビープ音、加速度センサ。
スマホにアプリをインストールすると、指定した時間にバイブレーションを鳴らしたり、5分ごとにビープ音を鳴らしたりできる。

最近のアップデートで睡眠トラッキングもできるようになった。

ただこの辺の機能は、数千円で売ってるスマートウォッチの方が高性能だったりするので、これ目的で買うのはお勧めしない。

 

あくまで、PAVLOKは、電撃流すためのデバイス。ここ大事。

 

◆ なんのために電撃流すの?

悪癖を治すため。

私の場合は、猫背の修正や2度寝防止に役立っています。

 

あまり好ましくない行動(例えば猫背)をしているときに、電撃を流してから姿勢を正すと、再度猫背になるまでの時間が長くなる。

詳しくは"パブロフの条件付け"とかで調べてほしいのだけれども、ある行動に対して嫌悪刺激を与えるとその行動をしなくなるという行動心理学の理論があります。

 

逆に、ある行動に対して報酬を与え続けると、その行動を積極的にするようになるというのも同じくパブロフの条件付けと呼ばれていて、有名な"パブロフの犬"から名前がとられています。

ベルを鳴らしてからエサを与える事を繰り返すと、ベルを鳴らしただけで唾液を出すようになった。という実験ですね。


PAVLOKはパブロフの条件付けを人間に対して電撃で行おうという試み。

もともとは製作者の人が、Facebook中毒から脱却するためにつくったらしい。

 

◆ 効果ある?

あります。

ただし、自分でボタンを押して自分に電撃を流せるくらい、悪癖を治すモチベーションを持ってた場合は。

 

本気で直そうと思ってる場合にはかなり近道させてくれるデバイスだと思います。

 

実際、アルコール依存症やニコチン依存症の治療は、パブロフの条件付け理論がベースになっているのでそういった点でも信頼性はあるかと。

 

◆ エンジニア向け

APIがあるよ。

http://pavlok-mvp.herokuapp.com/docs/

WebAPI→PAVLOKサーバ→スマホ→PAVLOKデバイス という少し遠回りなルートを辿りますが、ログイン認証してURL叩くだけなので、アプリも創りやすいと思います。

今度ChromeExtensionのアプリでも作りたいなとか思ってる。

 

私は2015年12月に入手したのですが、そこから比べるとかなりアップデートが入っているので、今後の追加機能にも期待。

 

◆ そのほか

飲み会でネタになる。

ただ、「こいつなんで自分を痛めつけるデバイスを腕に巻いてるの?Mなの?」という認識を抱かれる可能性あり。

 

◆ まとめ

上手く使えば、使えるデバイスだと思います。

なかなかPAVLOKの代替製品って見つからないんじゃないかな。

 

◆ 売り場

公式の販売ページ(国際便に抵抗がなければ)

Japanese Order a Pavlok + Wristbandbuy.pavlok.com

 

Amazon

Pavlok ブラック [並行輸入品]

Pavlok ブラック [並行輸入品]

 

 

◆ さっき知った

月曜から夜更かしで紹介されてたんだね。

どうやら目覚ましデバイスみたいな扱いっぽい?

pavlok.com

 

 

PAVLOK公式が「ほとんどの日本人って十分な睡眠とれてないと思うんだけどなー」ってコメントしてるのも面白いよね。

あと、目覚まし専用のPAVLOK廉価版も近いうちに発売するっぽい。

Pre-order The Shock Clock – Never Hit Snooze Againbuy.pavlok.com