アイコン外観変更ジェネレーターのアクセス推移

3月末、OBSのカスタムCSSをつくるジェネレーターを作成して公開しました。そこからしばらく経ったのでアクセスログをまとめてみようと思います。 blog.alfebelow.com アクセスログ 当初、アクセスログをつけてなくて、GA4を設置したのが5月4日だったのでそこ…

2022年6月に読んだ本

いつもの 実践 医療現場の行動経済学 実践 医療現場の行動経済学: すれ違いの解消法 作者:大竹 文雄,平井 啓 東洋経済新報社 Amazon 医療現場で起きる問題に対して、行動経済学の視点から解決できないかを模索したケース集。 医療における行動変容について実…

2022年5月に読んだ本

いつもの 人を賢くする道具 人を賢くする道具―ソフト・テクノロジーの心理学 (新曜社認知科学選書) 作者:D.A. ノーマン 新曜社 Amazon 人間よりもテクノロジー側の要求に重点を置きすぎている問題について。機械と人間で得意な作業は異なるが、機械を正常に…

2022年4月に読んだ本

いつもの テクノロジー・ウォッチング テクノロジー・ウォッチング―ハイテク社会をフィールドワークする (新曜社認知科学選書) 作者:D.A. ノーマン 新曜社 Amazon 30年前に書かれたUXの議論。 子供の劇よりも劇を撮影するためのカメラの操作に夢中になってる…

2022年3月に読んだ本

いつもの ソフトウェアアーキテクチャの基礎 ソフトウェアアーキテクチャの基礎 ―エンジニアリングに基づく体系的アプローチ 作者:Mark Richards,Neal Ford オライリージャパン Amazon アーキテクチャを決める際に考えることについて。 これさえ読めばなんと…

OBSでDiscordのアイコンを四角や横並びにするジェネレーター

Among us実況とかで雑談配信とかで、四角いDiscordのアイコンが横並びでぴょこぴょことよく動くのを見かけます。 その見た目を自分好みに設定できるように「OBSのDiscordアイコン外観変更ジェネレーター」をつくりました。

2022年2月に読んだ本

いつもの 新基礎情報学 新 基礎情報学 ―機械をこえる生命 作者:西垣 通 NTT出版 Amazon トランス・ヒューマニズムとその行きつく先にあるホモ・デウスに対抗するための哲学。良書。 生命と機械の違いを考察しながら、そもそも情報とはなにかを見ていく。 私…

2021年12月ー2022年1月に読んだ本

いつもの 大気微生物の世界 雨もキノコも鼻クソも大気微生物の世界―気候・健康・発酵とバイオエアロゾル 作者:牧 輝弥 築地書館 Amazon 大気中を浮遊する微生物について、何を研究しているのかどうやって観測しているのかを研究者が説明していく本。 このバ…

2021年に読んで良かった7冊の本

年末なので、2021年に読んだ中で良かった本をまとめておこうという記事。 そして、そんな良かった本の中から抜きんでて良かった本を7冊紹介します。 家は生態系―あなたは20万種の生き物と暮らしている 家は生態系―あなたは20万種の生き物と暮らしている 作者…

2021年11月に読んだ本

いつもの 遺伝子命名物語 遺伝子命名物語-名前に秘められた生物学のドラマ (中公新書ラクレ, 742) 作者:坪子 理美,石井 健一 中央公論新社 Amazon ユーモアな遺伝子の名前を入り口に、その命名者兼発見者となった研究者にスポットを当て、そのドラマを見てい…

2021年10月に読んだ本

いつもの。今月は『大規模停電の記録』が特におすすめ。 大規模停電の記録 大規模停電の記録: 電力系統の安全とレジリエンス 作者:大規模停電の記録編集委員会 オーム社 Amazon 国内外の大規模停電事故について。 停電をなるべく起こさないようにするために…

マッドメイト入り日本語版TheOtherRolesの導入方法:TheOtherRoles-GM

PC版Among us向け。マッドメイト・オポチュニスト・GMの役職が追加された日本語版TheOtherRolesの導入方法です。

2021年8・9月に読んだ本

いつもの すべてが武器になる: 文化としての〈戦争〉と〈軍事〉 すべてが武器になる: 文化としての〈戦争〉と〈軍事〉 作者:石川 明人 創元社 Amazon 武器とは何か、何が武器なのかを考えるため、過去に軍事に使われたものを見ていく本。良書。 武器をほめそ…

2021年7月に読んだ本

いつもの 坐の文明論 坐の文明論: 人はどのようにすわってきたか 作者:英正, 矢田部 晶文社 Amazon 今月読んだ中でベスト。すわることに対する文化の違いについて。 すわり続けるのは健康によくないというが、それは楽にすわる方法を知らないからでは?とい…

これからアプリ開発をはじめるときにどこから手を付ければいいか(就活中の情報3回生向け)

いま某大学で情報について学んでいる3回生から就活の相談を受けていて、その人から「これからアプリ開発をしていこうと思うが何から手をつけていいかわからない」と質問が来たので、送ったメモの転記。 いきさつ 「いま大学もリモートワークで、就活の相談も…

2021年6月に読んだ本

いつもの。 今月はちょっと少なめながら全部いい本。じっくりと読み解いてたともいえる。 選択と誘導の認知科学 選択と誘導の認知科学 (認知科学のススメ) 作者:山田歩 新曜社 Amazon 認知科学のススメシリーズの1冊。人の選択に関わるバイアスについて。良…

2021年5月に読んだ本

いつもの。 今月は特にいい本多め。 UXデザインの法則 UXデザインの法則 ―最高のプロダクトとサービスを支える心理学 作者:Jon Yablonski オライリージャパン Amazon ヤコブの法則やミラーの法則など、画面のデザインをするうえで有名な法則・効果をまとめた…

ちゃぶ台と座布団で快適なリモートワーク

リモートワークがはやり始めて1年ぐらい経つのに、ちゃぶ台と座布団でリモートワークする記事が流れてこないので書くことにした。 自粛期間以前からリモートワークで働いているので、在宅勤務歴が3年以上になってしまいました。 で、2020年に入ってからリモ…

2021年4月に読んだ本

いつもの よくわかるデザイン心理学 よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント 作者:BB STONEデザイン心理学研究所 発売日: 2020/12/23 メディア: 単行本 どういうデザインが人に好まれるのか、人がどこに注視しや…

2021年3月に読んだ本

いつもの。 『家は生態系』は今年のトップに入ってくるかもというくらいいい本だった。 家は生態系 家は生態系―あなたは20万種の生き物と暮らしている 作者:ロブ・ダン 発売日: 2021/02/19 メディア: 単行本 家の中の生物について。良書。 一般的な家で生態…

2021年2月に読んだ本

いつもの 教養の近代測地学 教養の近代測地学: メフィストのマントをひろげて 作者:あえか, 石原 発売日: 2020/11/23 メディア: 単行本 地球を測量する研究者達の歴史をゲーテ研究者が述べていく本。 なんでゲーテ研究者が測地の本?と思いつつ読んでみたら…

2020年12月から2021年1月に読んだ本

先月まとめるの忘れてたので一緒に。 webブラウザセキュリティ Webブラウザセキュリティ Webアプリケーションの安全性を支える仕組みを整理する 作者:米内貴志 発売日: 2021/01/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) Webアプリを作る上で必要になるセキュリ…

2020年に読んで良かった 7冊の本

2020年も年末になってきたので、2020年に読んだ中で良かった本をまとめておく。 コロナ禍で引きこもっていたし読んだ冊数増えたかなと思いきや、83冊と例年と比べて少なめ。 図書館が休止したり、本屋に立ち寄ることが減ったりしたからかも。 ただその分、積…

2020年11月に読んだ本

いつもの 日本語をどう書くか 日本語をどう書くか (角川ソフィア文庫) 作者:柳父 章 発売日: 2020/07/16 メディア: 文庫 1981年に初版、今年文庫本が出ている。 日本語で書かれた文章に対する印象がガッツリと変わる本。おすすめ 話し言葉と書き言葉は別の言…

2020年10月に読んだ本

いつもの。 都市で進化する生物たち 都市で進化する生物たち: ❝ダーウィン❞が街にやってくる 作者:スヒルトハウゼン,メノ 発売日: 2020/08/18 メディア: 単行本 進化は思った以上に短いスパンでおきていて、都市という特殊な環境で有利に生きていくために姿…

2020年9月に読んだ本

いつもの WORLD BEYOND PHYSICS:生命はいかにして複雑系となったか WORLD BEYOND PHYSICS:生命はいかにして複雑系となったか 作者:スチュアート・A・カウフマン 発売日: 2020/07/17 メディア: 単行本 この世界は機械ではない。ねじ回しのすべての使い道を列…

事業者変更承諾番号を払い出して、ソフトバンク光からenひかりに乗り換えた話

ソフトバンク光からenひかりにコラボ光の事業者変更を使って乗り換えたので経緯のメモ 乗り換えるときにいろいろとググってみたのだけども、ソフトバンク光で事業者変更承諾番号を払い出す話があまりなかったので、どこにどういう連絡すればいいかまとめてお…

WH-1000XM4を買った

買っちった なにこれ 今日発売したばかりのノイズキャンセリングヘッドホン。 ノイズキャンセリングヘッドホンとしてやけに評価が高かったWH-1000XM3の後継機にあたるヘッドホンで、発売前から各種レビュアーが絶賛してたり。 私にとっては初ノイズキャンセ…

2020年8月に読んだ本

いつもの 人間のトリセツ 人間のトリセツ ──人工知能への手紙 (ちくま新書) 作者:黒川伊保子 発売日: 2019/12/20 メディア: Kindle版 未来の人工知能に向けて書かれた人間の取り扱い説明書。良書。 20年以上前に書かれた『恋するコンピュータ』に対するアン…

2020年7月に読んだ本

いつもの。 今月は動物の本が多め。 まとまりがない動物たち まとまりがない動物たち:個性と進化の謎を解く 作者:ジョン・A・シヴィック 発売日: 2020/05/23 メディア: 単行本 動物の個性に関する研究について。 「動物に対して個性がある」ということ自体が…