OBSでDiscordのアイコンを四角や横並びにするジェネレーター

Among us実況とかで雑談配信とかで、四角いDiscordのアイコンが横並びでぴょこぴょことよく動くのを見かけます。

その見た目を自分好みに設定できるように「OBSのDiscordアイコン外観変更ジェネレーターをつくりました。

 

obs-discord-icon.alfebelow.com

 

 

何ができるの?

  • アイコンを横並びにしたり
  • アイコンのサイズを変えたり
  • アイコンの形を四角くしたり角を丸くしたり
  • アイコンをぴょこぴょこさせたり、点滅させたり
  • ぴょこぴょこする速さを変えたり
  • 名前の位置を調整したり
  • 名前を文字だけにしたり縁取りに変えたり

といった調整を、見た目を確認しながら変更できます。

そして、変更後の見た目をOBSに反映するカスタムCSSが出力されます。

 

f:id:alfe1025:20220320164720p:plain

 

導入方法

ジェネレータにも使い方説明が出てくるボタンを用意してますが一応こちらでも説明。

1. OBSのソースにブラウザを追加

OBSを起動、OBSのシーンを選択後、「ソース」欄で右クリックしてブラウザを追加

2. Discord を起動

起動していない場合は起動してください

 
3. Discord StreamKit Overlay にアクセス
https://streamkit.discord.com/overlay にアクセス
4. ボイスウィジェットのURLを取得

「Install for OBS」をクリックし、「VOICE WIDGET」のタブを選択

「Server」と「Voice Channel」からボイスチャンネルを選択

右下に表示されるURLをコピー

5. OBSにURLを入力

OBSに戻り、中央にあるURLの入力欄に 3. でコピーしたURLを貼り付け

 

6. カスタムCSSを作成

OBSのDiscordアイコン外観変更ジェネレーター で好みの見た目を決めたあと、下に表示されるCSSをコピー

7. OBSにカスタムCSSを入力

OBSに戻り、URLの少し下にあるカスタムCSSの入力欄に 5. でコピーしたカスタムCSSを貼り付け

8. 作成完了

ダイアログをOKで閉じて完了。OBSに話している人が表示されます。

 

 

Q&A

Q. なんでつくったの?

A. 自分が欲しかったので。

CSSの微調整するときにOBS上でやるの大変なので、ブラウザで調整してからOBSに持っていきたかったんです。

ブラウザで調整するならいっそのことジェネレータにしてしまおうかと。

配信はしてないけれども、身内でAmongusするときにDiscordのライブ配信用に使ってます。

 

Q. 設定方法がいまいちわからない

A. 設定方法自体は「OBS Discord アイコン 四角」とかでググるとたくさん出てくるので、わかりやすいのを探してください。

カスタムCSSをうまいこと作るジェネレーターを作っただけなので、OBSそのものの質問とか来るとつらい。

 

Q. こういうのも設定できるようにしてほしい

A. GitHubわかるひとはレポジトリ( https://github.com/alfe/obs-discord-icons-css-generator )にIssueとかプルリクとか投げてください。

ついでにスターも押してくれると嬉しいです。

GitHubわからないひとは、この記事のコメントとかTwitterにリプとか投げてもらえると。実装できそう+やる気があるときに機能追加するかもしれません。

 

 

以上、OBSのDiscordアイコン外観変更ジェネレーターの紹介でした。

 

 

 

 

2022年2月に読んだ本

いつもの

f:id:alfe1025:20220212120441j:plain

新基礎情報学

トランス・ヒューマニズムとその行きつく先にあるホモ・デウスに対抗するための哲学。良書。

生命と機械の違いを考察しながら、そもそも情報とはなにかを見ていく。

 

私がスチュアート・カウフマン(複雑系の理論生物学者)に傾倒しているのもあって、この本の考え方にしっくりきた。

『ホモ・デウス』を読んだときに違和感、トランス・ヒューマニズムへ微妙に相容れなさがあったが、もともと一神教の考え方をベースにしているという説を読んでなるほどとなった。

AI原論 神の支配と人間の自由

AIの本質をみつめ、今後のAIのねらいやゆくえを分析する本。↑と同じ著者。読むなら上の本がよさそう。


相関主義哲学や主観主義的形而上学、思弁的実在論に言及し、トランスヒューマニズムの源流が古代ユダヤ教にあるのでは?と考察していく。

 

恋する化石

恐竜やアンモナイトといった古生物のオスメスについて。

古生物の図鑑や情報に書かれた書籍ではなく、そういった情報をどうやって推定しているのかについて書かれている。

 

限られた化石から恐竜のオスメスをどうやって判別するのか、数の多いアンモナイトや近縁種が現在生存する化石ならもっと明確にオスメスがわかるのか。
化石という標本の問題や、化石からどう推察しているのかを推理の背景がしっかり描きつつ考察されているのが面白い。

 

決定版 日本の雛人形: 江戸・明治の雛と道具60選

名作と呼ばれる雛人形の写真を通じて雛人形の文化、各作品のいわれや作風を見ていく。

雛人形の資料としてとても見応えがあった。

内裏雛の左右はどっちでもよかった、江戸時代後期の芥子雛という極小サイズの雛人形、あたりに特に興味惹かれた。

 

 

他の月

blog.alfebelow.com

 

blog.alfebelow.com

 

 

2021年12月ー2022年1月に読んだ本

いつもの

 

f:id:alfe1025:20220129133459j:plain

 

大気微生物の世界

大気中を浮遊する微生物について、何を研究しているのかどうやって観測しているのかを研究者が説明していく本。

このバイオエアロゾルという分野はまだまだ始まったばかりの様子。立山の積雪層からサンプル採取したり、観測地点で黄砂に付着する細菌が違ったりと興味深い。

 

かおりの生態学

植物の出すかおりは植物同士、あるいは動物とのコミュニケーションに用いられているということを実験生態学の研究者が実際の実験モデルを例に紹介していく本。

隣の植物が虫に食べられると、食べられたにおいを検知して近くにいる植物も固くなる、というのは聞いたことがあったが、より詳細に実験を通じて掘り下げられている。

同じ種類の植物が食べられたときにも防御反応が起きるが、さし木で増えたクローン体が食べられたときのほうがより防御反応が強くなるとか。

葉が幼虫に食べられたときに出すかおりが幼虫の捕食者を呼び寄せ、その捕食者の寄生蜂もかおりを嗅ぎ分け、捕食者が集まってそうなとこにくる。という話もあり、ゲーム理論ぽくておもしろかった。

 

光る生き物の科学 発光生物学への招待

発光する生物について。入門書の次に読むくらいの難易度で、これから発光生物学の卒論に引用されまくるんだろうなという感じの本。
光る生き物はあんがいありふれている、発光反応に関わる化合物はバラエティに富んでおり別ルートで進化してそう、など。

 

UXライティングの教科書

フォームの説明文やplaceholderに何を書くべきかについて。エラーメッセージや会員登録などのサンプルが困ったときに参考になりそう。訳本だからか違和感のあるサンプルもちょこちょこあるので、これの日本向け版とかでてほしい。

 

いいかげんなロボット

ソフトロボット学の考え方と可能性について。やわらかい素材を組み合わせた変形するロボットをどう制御しているのか、どのような応用が考えられるのか。コンピューター上でシミュレーションしきれないので、よくわからないまま動かすという考えが好き。

 

東京に生きた縄文人

東京都で発見された縄文時代の遺跡と発掘物、そこから見えてくる当時の文化について。同名の展覧会がこないだまでやっていた様子。

都内で発見された遺跡は3800か所以上確認されているらしく、想像以上に多く感じた。装飾のしっかりした土器も多く見ごたえがある。

 

 

他の月

blog.alfebelow.com

 

blog.alfebelow.com