ちゃぶ台と座布団で快適なリモートワーク

リモートワークがはやり始めて1年ぐらい経つのに、ちゃぶ台と座布団でリモートワークする記事が流れてこないので書くことにした。

f:id:alfe1025:20210515222134j:plain

 

自粛期間以前からリモートワークで働いているので、在宅勤務歴が3年以上になってしまいました。

 

で、2020年に入ってからリモートワークが流行り始めて、「自宅に仕事環境整えた」といった記事もたくさん見かけるようになりました。 

何か参考になるものがあるかなといろいろ読んではいたのだけども、どうやら私の取っている「ちゃぶ台と座布団スタイル」に近い環境の人はあんまりいない様子。

なんなら、ちゃぶ台と座布団で仕事するのはよくないのでいち早く脱却しましょうみたいに書かれていたりもして。

 

というわけで、ちゃぶ台と座布団スタイルで快適に仕事している人のサンプルケースを1つ、記事として流しておきます。

 

よく聞かれる質問

人に「ちゃぶ台と座布団スタイルでやってる」と話すと聞かれる質問がいくつか。

 

背もたれ欲しくならない?

壁が背中になるように配置して、壁を背もたれにしたりする。

夏場は和座椅子も使う。座布団だけだとズルズル滑るので。

ただ机と椅子スタイルのときと比べると背もたれを使う頻度は少なめ。たぶん座り方の違いだと思う。

 

腰痛くならない?

IT関係の仕事で基本座りっぱなしなので腰の心配されることが多々あるのだけども、まだなんともなってない。

むしろ実家で机と椅子スタイルしてたときのほうが身体のコリは大きいかったかも。

 

猫背になりそう

キャスター椅子と比べてお尻が安定するので、しっかり座れば背筋が伸びた状態で保持しやすくなる。
もちろんずっと伸びてるわけではなく、背中と壁の部分にクッションをわんさか積み上げた、だらけ姿勢で仕事することもあるけども。

 

実際の環境

では作業環境の写真を見てもらいつつ、写真に映ってるものを紹介

f:id:alfe1025:20210512131044j:plain

 

ちゃぶ台

これ。引っ越したとき(5年前)に買った。

amzn.to

天板が厚め(2cm)で重量がそこそこある(14.6kg)のが決め手。

これくらいの分厚さがあると、モニターアームをくっつけても、なんなら上に立ってジャンプしても全然問題ないくらい丈夫。

 

横が1メートル以上あるので広々と使えます。

 

モニターアーム

ちゃぶ台スタイルながらも、モニターアームを設置して画面を自由に移動できるようにしている。

ちょうどいい高さに持ってきやすいので、背中が丸まりすぎてつらい、みたいなことは少なめ。

 

モノとしてはエルゴトロンのやつ。8年前くらいに買って全然ガタが来てない。丈夫。

amzn.to

延長アームを1つ追加してるが、元のままでも十分だったなとは思う。

 

モニター

特にこだわりもなく安かったやつ。

amzn.to

 

テーブルランナー

机に敷いてる布。

これの上にコップとか置くと、机が水滴でべちゃっとならない。
あと会議中にコップを置いたときにコツンという音がなりにくい。

もちろんコースターでもいいのだけども、でかい布がデンとしいてあったほうが雑に置けて位置調整とか要らず楽。

 

 

キーボード

パンタグラフが好き。

amzn.to

 

トラックボール

無線の人差し指タイプトラックボールが好き。

amzn.to

 

コップ

近くの酒屋で買ったやつ。数百円。中身は炭酸水。

 

スピーカー

4年前くらいに買った。有線スピーカーとしても使える。
よくうちのこの椅子になる。

amzn.to

 

このスピーカーと過去紹介したヘッドホンを併用してる。

blog.alfebelow.com

 

 

うちのこ

かわいい

f:id:alfe1025:20210515214943j:plain



 

座布団

ふるさと納税の返礼品でもらったやつ。

f:id:alfe1025:20210512131057j:plain

 

松阪木綿という国の無形民俗文化財で座布団をつくった、という品。いい座布団。

item.rakuten.co.jp

 
冬場はカーペット敷いてるので座布団だけでいいのだけども、夏場はフローリングで座布団が滑っちゃうので和座椅子と併用してる。 

f:id:alfe1025:20210512131124j:plain

 

座布団は安いポリエステルタイプのだとダメになりやすいので、綿の座布団か羽根の座布団がおすすめ。

綿の座布団はお寺とかによくあるタイプ。長時間座っても蒸れにくい。
羽根の座布団は型崩れしやすいけども中身がへたりにくいので、数年使っててもふわっと感がある。

この辺はお好みで。

 

ちゃぶ台で快適なリモートワークをするコツ

というわけで、ちゃぶ台スタイルでリモートワークワークしてみた人の視点で、快適に仕事するコツについて。

 

モノ・環境

ちゃぶ台は大きい方が良い。

机の上に肘置いて、手を伸ばした先にキーボードが置けるくらいのサイズは欲しい。ノートパソコンしか置けないサイズの机は椅子の有無に関わらずツラいと思う。

 

画面が目線の少し下くらいの高さになるように調整するのも大事。

これはモニターアームを買うのがベストかな?と思うのだけども、モニターの下に本積んで高さ出すとか、ノートパソコンスタンドみたいなのを買うのもよいかと。

ホームセンターで買ったちっちゃい机でノートパソコンの小さい画面を背中丸めて見る、というのがつらくなる原因だと思うので、机のサイズと目線に気を付けるとかなり改善されるかなと。

 

あとちゃぶ台なのでおもむろに向きを変えて気分転換するのもいいよ。

 

座り方

で、座り方について。

特殊な座り方をしているわけでもなく、基本的にあぐらで座ってて、気まぐれに足投げだしてみたり、楽立膝にしたり、ぺたん座りだったり。

 

椅子比べて取りうる姿勢が多いので、姿勢が固定されることなく思い思いに変えられるのがいいのかな?という気がしている。

「数時間同じ姿勢をする瞑想を参考にすれば、いい座り方になるのでは?」とすこし昔に座禅の座り方を試したことがあるのだけども、姿勢が固定されすぎてあまりしっくりこなかったので、在宅で仕事をする場合は適宜姿勢を変えたほうが頭が回る気がする。

 

あとは猫背が気になるなら、坐骨を立てて座るようにすると良いかも。お尻部分だけ座布団に乗るようにあぐらかくとか、ぺたん座りするとかしてから上半身を軽く左右に揺らすと、背筋を伸ばしつつしっくりくる感じの姿勢が見つけやすい。

 

姿勢について気になる人は『ねこ背は治る!』という本読むといい。

 

既に床生活している人には『日本人の坐り方』という本を読むと座り方のバリエーションが増えるのでお勧め。

www.amazon.co.jp

 

その他注意

在宅で仕事をするときは長時間同じ姿勢を続けるのは避けましょう、みたいなのはよく流れてくるのだけども、これは椅子机スタイル・ちゃぶ台スタイルに関わらず同じかなと。

トイレ行くとかお茶くみに行くとかは通勤してるとき以上に気軽にできるはずなので、いいタイミングで席を立ちましょう。

 

あとは膝や腰に爆弾抱えてる人は無理しないで。

私にはちゃぶ台スタイルあってるのだけども、向き不向きはあると思うので。

 

まとめ

いちおう、スタンディングデスク使ってみたり、HMDの仮想デスクトップを使ってみたりと過去いろいろ試してみて、ここに落ち着いてる感じです。

 

リモートワークに関係ないところで、ボードゲームしやすいとか模様替えしやすいとかいう利点があったり、椅子とテーブルを揃えるのと比べるとコストが安いというのもあったりします。

 

自宅環境整えるために L字デスクとアーロンチェアを買った/買いたいみたいな人も多いと思いますが、こういうちゃぶ台スタイルで快適に仕事している人もいるよという紹介でした。

読み物として楽しんでもらえてれば幸い。

2021年4月に読んだ本

いつもの

f:id:alfe1025:20210411131514j:plain

 

よくわかるデザイン心理学

どういうデザインが人に好まれるのか、人がどこに注視しやすいか、といった心理学視点でのデザインの研究。良書。

 

心理学の研究室から工学研究科に移り、デザインの研究を始めたという来歴の教授が書いていて、『Mind Hacks』とか好きなら楽しめるような本。

 Change Blindness実験やマグニチュード推定法などWebサイトのユーザテストに役立ちそうな知見も得られた。

 

同著者の本を探したらどこかの大学で教科書に使われてそうな本が出てきて、ちょっと躊躇。いつか読む。

 

 

宇宙の奇跡を科学する

宇宙の奇跡を科学する (扶桑社BOOKS新書)

宇宙の奇跡を科学する (扶桑社BOOKS新書)

  • 作者:本間希樹
  • 発売日: 2021/02/28
  • メディア: Kindle版
 

 
ブラックホールの撮影をしたチームの日本側責任者の人が書いた本。

成り立ちやハビタブルゾーンといった宇宙のわかりやすい解説が前半、後半にブラックホールの解説と撮影の裏側。空想の産物と思われていたブラックホールがどう見つかりどう撮影したかは特に興味深い。

 

ブラックホールという得体の知れない天体に対する解説がわかりやすい。

この本読んだ後にゲームさんぽで解説していたのを知ったのだけども、文章のほうが説明わかりやすかったなと思ってる。

youtu.be

 

なぞとき深海1万メートル 暗黒の「超深海」で起こっていること

深海調査の歴史と最新の成果を紹介する本。

ここ数年で深海調査が進んでるぞ、ということがわかる。

特に興味深かったのが、これまで生物なんていないだろうと思われていた海溝底にマリンスノーと呼ばれる有機物が集まりやすく、案外活発な生物活動があるようだという話。そして、冒険家が世界最深制覇のついでに学者も連れていき研究を進めている話。

 

未来ビジネス図解 仮想空間とVR

未来ビジネス図解 仮想空間とVR

未来ビジネス図解 仮想空間とVR

 

2021年のVR社会やVR業界を概観する本。

よくあるムック本的な奴かなと手に取ったら思った以上にちゃんとした本だった。

 

現状の空気感を知りたいなら多分この本がベスト。

逆に3年後くらいに読むと「懐かしいね」ってなりそう。

 

テーブルコーディネートの発想と技法

テーブルコーディネートの普遍的な構成と理論を体系立てて解説する本。

ただの作例集ではなく、どういうときにどういう色合いを選べばいいか、食器やクロス、フラワーアレンジメントをどう組み合わせると効果的な視覚効果が得られるか、色・形・素材はどう組み合わせるとまとまって見えるか、といった構成の背後にある理論まで解説している。 

 

英国の喫茶文化

英国の喫茶文化

英国の喫茶文化

 

イギリスにおける喫茶文化の歴史をサーベイする本。

 

当時の様子を表す図版多め。

茶葉が高価だった時代には施錠できる木製小箱で保存していたとか、禁酒運動を象徴する飲み物として紅茶が使われていたとか、そういった紅茶がイギリス社会に浸透するまでの時代背景をしれる。

 

人類とイノベーション

イノベーションは一人の天才によるものではなく数多の人の試行錯誤によるもの、という本。

歴史上の有名なイノベーションが生まれたときの背景と関係する人たちとイノベーションのプロセスが語られる。

 

 

たのしい路上園芸観察

たのしい路上園芸観察

たのしい路上園芸観察

  • 作者:村田 あやこ
  • 発売日: 2020/10/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

路地裏や軒先に並べられた植物を撮った写真集。

植えられたプラバケツを破壊して脱走してたり、壁から這い上がって屋根に覆いかぶさってたり。

人が管理してるはずなのに野性味あふれるワイルドな路上の植物たちを見ることができる。

 

他の月

blog.alfebelow.com

 

 

2021年3月に読んだ本

いつもの。

『家は生態系』は今年のトップに入ってくるかもというくらいいい本だった。

 

f:id:alfe1025:20210315152946j:plain

 

家は生態系 

家は生態系―あなたは20万種の生き物と暮らしている
 

家の中の生物について。良書。

一般的な家で生態系のサンプリングをしてみると思った以上に生物の多様性があり、しかも家の中の生物多様性が増すほど健康にはよさそうだぞ、という本。

 

窓のサッシに落ちてる虫の死骸が新種である可能性は思っていた以上に高く、日本にしかいないと思われてたカマドウマがアメリカの地下室で繫殖していたのを発見した、という著者の研究が書かれている。というより、家の生態系を調べる生物学者が少なくて、著者の研究がメインになってしまっているという感じ。

窓のサッシを研究するよりもアマゾンの奥地に出かけていって新種ハンターする方が生物学者にとって楽しいらしく(それはそう)、そもそも身の回りの生物についての研究はあまり進んでおらず、家で見つけた節足動物が何を食べているかもよくわかっていないことが多い様子。

 

家に他の生物がわんさかいると聞くと殺菌・消毒の徹底をしたくなるが、人間に害を与える種はごくわずかで、むしろ家の中の生物多様性が増すほど有益な種が増えるとのこと。

殺菌・消毒の徹底した空間としてスペースシャトルの機内が紹介されているが、生物多様性が低くなった結果、閉めきっていた部室のような臭いがするのだとか。

無作為に除菌すると人にとって良くない生物が繁殖しやすい空間になってしまうので、窓を開け、植物を育てて、家の中の生態多様性を増していこう。そういうまとめだった。


コーディングWebアクセシビリティ 

わかりやすく実践的なWAI-ARIA解説本。

スクリーンリーダー起動しながらコード書きつつ読んでみたが「確かにこうすると聞きやすいな」と納得感があった。

WAI-ARIAというと障碍者に対する配慮というイメージがあったが、実際にWAI-ARIAを考慮しつつコード書いてみると、キーボードだけで操作できるようにするにはどうすればいいかを考え始めるようになって、アプリの使いやすさが上がった気がする。

 

都市型災害を生き延びるサバイバルプラン 

都市型災害を生き延びるサバイバルプラン

都市型災害を生き延びるサバイバルプラン

  • 作者:川口拓
  • 発売日: 2019/08/18
  • メディア: Kindle版
 

大災害が起きたときに生き残るすべについて。

サバイバルの普遍的な原則としてSTOPと命の5要素(空気・シェルター・水・火・食料)について述べていて、地味ながらも応用が効きそう。

 

防災といえば非常食という考えがあったが、食料が無くても3週間は生きれるので極論を言えば非常用持ち出し袋に入っていなくても良い(生きるモチベーションになるのであった方がもちろん良い)と書いててなるほどなと。

 


Q&Aでわかる!デジタル遺産の相続

Q&Aでわかる! デジタル遺産の相続

Q&Aでわかる! デジタル遺産の相続

 

法が整備されていないデジタル遺産の相続についてトラブルの回避・方針を検討するためのQ&A。

ネット証券や銀行は相続手続きができそうだが、電子メールのデータやSNSアカウントはサービスの規約次第っぽい。


ビジュアル顔の大研究

ビジュアル 顔の大研究

ビジュアル 顔の大研究

  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: 大型本
 

顔についての小中学生むけ解説。

生物が顔をどう獲得したか、人の顔の仕組みはどうなっているのか、社会・アートから見た顔、など顔についてを広く扱っている


もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学

ドーパミンの働きについて。

快楽物質と思われがちなドーパミンが持つ、欲望への駆動力と制御による達成感への働きについて。


マルクス・ガブリエル 新時代に生きる「道徳哲学」

NHKの欲望の資本主義チームがマルクス・ガブリエルにコロナ禍における価値観についてインタビューしたもの。

所々うん?となる部分はあるものの、形而上学的なパンデミックというのは確かにそうかもなと思えた。

 

 他の月

blog.alfebelow.com