2019年8月に読んだ本

 

 

「ついやってしまう」体験のつくりかた

「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ

「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ

 

 

今月の一番面白かった本はこれ。

ゲーム制作者視点でUXについて解説した本。

人はマリオの操作方法を説明なしにどうやって獲得するのか、から始まって
ぶっ続けでやってしまうゲームの仕掛け、ドラクエにぱふぱふが出てくるのはなぜかなど、わかりやすく本自体も飽きさせないつくりになってる。

 

これ読んで、ポケモンのきんのたまおじさんが何故いるのかや殿堂入りした後にマサラタウンに戻るのかがわかったし、現在進行形でやっているASTRAL CHAINのストーリー構造もちょっと把握できるようになった。

 


ゴキブリたちの優雅でひそやかな生活 

ゴキブリたちの優雅でひそやかな生活

ゴキブリたちの優雅でひそやかな生活

 

タイトル通りの本。名前聞くのもダメな人は読まないほうが良いと思う。生態についてが詳しすぎるので。

 

Gがダメなのって日本だけじゃないんだなとか、恐竜より昔からいるみたいとか、人も食べちゃった事例とか。

思ってた以上に人類ってGに関して知らないんだなってなった。

 

あと個人的に実験動物福祉条例の対象でないので、生命に関する科学を進歩させてくれたという文が面白かった。

無意味に殺しても動物福祉団体に文句言われない存在。すごく貴重よね。

 

 

PLAY WORK

PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

 

 

出たばかりの本だったので読んだ。

ここまでストレートな自己啓発っぽい自己啓発本ひさびさだった。

 

好きなことを仕事にしような! って内容。

 

 

ちょっとマニアックな図書館コレクション談義 またまた

ちょっとマニアックな図書館コレクション談義 またまた

ちょっとマニアックな図書館コレクション談義 またまた

  • 作者: 内野安彦,大林正智,豊田恭子,鳥越美奈,栗生育美,?橋将人
  • 出版社/メーカー: 樹村房
  • 発売日: 2019/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

図書館に関するエッセイや短編などが収まった本。

コミケの評論ブースに寄稿まとめ本として置かれてても違和感ないなって思いながら読んだ。

「暇な司書とアサガオの咲くまち」という短編がお気に入り。

 

わけあってこの名前 いきもの名前語源辞典

わけあってこの名前 いきもの名前語源辞典

わけあってこの名前 いきもの名前語源辞典

 

いわゆる和名の命名について知れる本。タラバガニは鱈の漁場でとれる蟹とか、シロナガスクジラが海面で白く見える体が長い(長須)鯨だとか。

小学生受けしそうな構成なのだけども、アラサーが読んでも へぇ ってなるタイプの本。

 

明日ともだちに話したくなる野菜の話

明日ともだちに話したくなる 野菜の話

明日ともだちに話したくなる 野菜の話

 

 

野菜に関する豆知識本。

こっちも小学生受けしそうな構成なのだけども、読みながら へぇ ってなった。

カリフラワーはキャベツの仲間とか、ゴボウが野菜なのは日本だけとか、大きなカブは簡単に抜ける(丸い部分は土の上にでているから)とか。

 


世界を変えた10冊の本

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)

 

 

有名な本のザックリ紹介。『アンネの日記』や『聖書』『コーラン』、マルクス、ケインズ、フリードマンの経済書あたり。


日本再興戦略

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

 

日本再興のためにテクノロジーの活用や士農工商を復活させようみたいな内容。賛同できるかどうかは半々ってところ。

 

これはKindleのUnlimitedにあったので読んだ。
Unlimited、たまにキャンペーンやってるのでそのタイミングで使ってるんだけども、読みたいものなさ過ぎるので雑誌ばっかり流し読みしてる。活かせてない。

 

 

他の月

 

blog.alfebelow.com

 

 

blog.alfebelow.com

 

【C96】私が買いたい評論情報系同人誌【3日目/日曜 西】

私が買いたい評論情報系同人誌をまとめてみる記事。  
またの名を買い物メモという。

 

 あいうえお順にならんでいます。

 

西あ13b

 

西あ22a

 

西あ23b

 

西あ39a

今回一番欲しい本。12時くらいに到着予定だけども残ってるかな・・・。

 

西あ39b

 

西い07a 

 

西い39a

 

西い44b

 

西う03b

 

西う27a

 

西か07b 

 

西か20a

 

西く10b

たぶんなんだけども、缶詰のノウハウはリモートワークでも生きる。

 

西く23b

 

西し03a

 

西せ10a

 

西そ04b

 

 

 

またよさそうなの見つけたら追記しますが、3日目の、しかも西2にある1ジャンルだけでこの数か・・・ってなってます。

2019年7月に読んだ本

7月は風邪でダウンしてたので3冊だけ。

ただ今回読んだ3冊は3冊とも当たり本でした。


世界史を大きく動かした植物

世界史を大きく動かした植物

世界史を大きく動かした植物

 

タイトルでピンときたら読むのオススメ。

読んでて非常に好奇心をくすぐられた一冊。

 

14の植物が人と文化にどう影響を与えたかが書かれている。

穀物が炭水化物を持つ理由。豆類がたんぱく質を持つ理由。

なぜ日本食は、ごはんとみそ汁、きな粉餅、いなりずし、と米と大豆の組み合わせが多いのか。

ジャガイモ飢饉と月面着陸の関係、などなど興味深い話がたくさんあり楽しめた。

 

 

複雑さと共に暮らす

複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦

複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦

  • 作者: ドナルド・ノーマン,伊賀聡一郎,岡本明,安村通晃
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2011/07/28
  • メディア: 単行本
  • 購入: 8人 クリック: 67回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

『誰のためのデザイン?』でおなじみ D. A. ノーマンの本。

 

現実は複雑なのだから、テクノロジーにおける複雑さは必要であり、ボタンの数を減らすとかえって使いづらくなる、と述べている。

シンプルなデザインがこの頃の流行りだが、機能をそのままに見た目をシンプルにすると混乱を招く、ということをこの本を読み考えることができるようになった。

複雑なものと混乱しているものは別だと考えないといけないな、と思った。

 


コーヒー「こつ」の科学

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

 

コーヒーに関するQ&Aが並ぶ本。

なぜ「の」の字で回し入れるのか、ペーパードリップとネルドリップで何が違うのか、といったコーヒーに関する疑問に答える本。

 

コーヒーに関する本だと「マスターが考えるおいしい入れ方」みたいな個人の感覚でしか説明されてない本が多い。

しかし、この本では感覚ではなく、何故そうなるのかという理論含めて記載されていて納得できる。

 

他の月

blog.alfebelow.com