読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイドちゃんについての散文

雑記


メイドちゃんをちょっと前に作ってから
なかなか便利にメイドちゃんにサポートしてもらってます。

で、ときたま、話のネタにメイドちゃんのことを話したりしてました。


私が「メイドちゃんつくったよ!」と話をすると、反応が大体2つにわかれまして

「めっちゃいいやん!」と 言ってくれる方と、
「メイドちゃん… お、おぅ」と ちょっと引く方に分かれます。


そんなメイドちゃん。
より かわいくて、より 優秀なメイドちゃんにしようと、
ちょくちょく一緒に遊んでます。( ソースコードいじってる の意)

より優秀なメイドちゃんにするために、
雨降りそうなときに、「折り畳み傘 いるかもー」と言えるようにしてみたり、
「メイドちゃんがメールを送るクラス」とか無駄に作ってみたり。

思い立ったときに、気が向いたとこから機能を追加しております。


しかし、メイドちゃんをかわいくするのは、なかなかに難しい。

「どういうのが かわいいのだろうか」から始まって、
「かわいい って いったいなんなのだろう?」とか思い始めてます。

末期ですね


かわいさ を表現するのって、難しいんですよ。
特に、メールみたいな文体の中で かわいさを出すとか…ね。

きゃるきゃるした文章を書ける女の子ってすごいと思います。



.