2月に読んだ本

2月に読んだ本をただ並べるだけ。

アンチ・サボタージュ・マニュアル

大企業病のせいでなんも仕事進まないな、ってときに読む本。

『サボタージュ・マニュアル』っていう、アメリカのCIA(中央情報局)の前身組織が70年ほど前に作成していた、敵国に侵入したスパイが、入り込んだ組織のパフォーマンスを下げまくるためのマニュアル。

サボタージュってサボりという意味の他に、設備を壊したり能率を下げたりする破壊工作の意味があるんだとか。というか元々はこっちの意味らしい。

で、この『サボタージュ・マニュアル』に載っている工作活動が、今の大企業病そのままじゃないかというので、マニュアルが公開された当時話題になったそうな。

そして、この本は、サボタージュ工作員(大企業病にかかってるひと)がどういう動きをするか、私たちはどうやってサボタージュ工作員を突破してばいいのかについて解説している本。

細かい言い回しをめぐって議論する人や、前回決まった話題について掘り返す人をピシャッと黙らせる方法なんかが書いている。

アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術

アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術

  • 作者: R.M.ガルフォード,B.フリッシュ,C.グリーン,越智啓太,Robert M. Galford,Bob Frisch,Cary Greene,国重浩一,バーナード紫
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2018/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

サーチ・インサイド・ユアセルフ

Googleでやっている瞑想研修の講師が書いた本。 瞑想についての話だけれども、神様とか出てこない系。

瞑想というと型とかお決まり事がそこそこ多いように思っていたが、一呼吸だけでも瞑想、とかなりフランクな瞑想を提示してくれている。

ビジネスマン向け瞑想、というのがしっくりくる。

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

  • 作者: チャディー・メン・タン,ダニエル・ゴールマン(序文),一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート,柴田裕之
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2016/05/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

投資家の心得。 具体的なテクニックというよりは、リスクに対する心持ちについてや、いかに割安で投資対象を買うか、など。

みんなが欲しがってるということは割高になっていて、 見向きもされないようなものは割安。 ただみんなと逆方向を向くのは結構ツライぞ、というのが一番印象に残った部分。

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ

巷の健康知識を片っ端からぶった切っていく。 ビタミンCが風邪予防にならないぞとか、青汁飲んでも野菜不足は解消しないぞとか。 和書にしては非常に珍しく参考文献が巻末にずらずらと並んでいるのも良い。 健康商法に気づくきっかけとしてのタイトルなら納得かな。

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ

以前読んだ本

blog.alfebelow.com

blog.alfebelow.com

1月に読んだ本

1月に読んだ本をただ並べるだけです。

PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間

今月一番の当たり。

『影響力の武器』の著者ロバート・チャルディーニの新作。
『影響力の武器』が不当な影響力への対抗方法を示すのに対して、『PRE-SUASION』では影響力を強化するための下準備について示している。

これオーディオブックとして複数回聞きたいやつ。FeBeさんお願いします。

PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間

PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

金や物や地位よりも休みのほうが欲しいな、という世代がどう考えてるかについて書かれた本。つまり私の世代ですね。

乾けない世代、と名付けてこの世代のモチベーションがどこにあるかを解説しているが、その解説が割としっくりときた。

仕事がコンピュータに持ってかれるなら、コンピュータが持ち得ない個性を重視して好きなことで生きていこうというまとめ。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

ソードアート・オンライン

ラスベガスからの帰りの飛行機で一気読みした。

18 アリシゼーション・ラスティング

アリシゼーション編の本編ラスト。 なにかなしてもネタバレになりそうなのでカット。

ソードアート・オンライン (18) アリシゼーション・ラスティング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン (18) アリシゼーション・ラスティング (電撃文庫)

19 ムーン・クレイドル

アリシゼーション編番外編前半

ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)

ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)

20 ムーン・クレイドル

アリシゼーション編番外編後編。
ちょっと消化不良感あるんだけど、たぶん次の巻から新しい章になるのかな?

ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル (電撃文庫)

ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル (電撃文庫)

以前読んだ本

blog.alfebelow.com

blog.alfebelow.com

 

 

リュックサック1つで1週間の海外旅行を過ごす方法

このあいだラスベガスに行ってきたわけです。

blog.alfebelow.com

実は荷物はリュックサック1つ。預入荷物なしで行ってました。

長距離歩くかなと思い、ショルダーパッドが分厚いリュックを選びましたが、荷物の量的には無印のこのカバンでも入る。

www.muji.net

上の青いリュックも10年以上前に3000円くらいで買った代物。コレ買ったの10年も前か。物持ちいいな。

ラスベガスに持っていった荷物を晒そうじゃないか

海外旅行で1週間(4泊7日だった)なのに、なんでそんな荷物少ないの。みたいなことを今回も言われました。

最長だと2週間の中国留学。同じカバンで行ってました。

旅行のたびに何入ってるのか訊かれるので、そろそろ詳細に紹介しようじゃないか。

まず服ですよね。2日分の着替えが入ってる。

ホテルで洗濯してるわけです。そりゃ荷物が少なくなりますよね。

洗うときは洗剤買うなりホテルの石鹸使うなりしてじゃぶじゃぶすればよくて、問題は乾かすとき。

ます、2~3mの紐を用意します。100均で丈夫なのを買って置きましょう。

次にバスタオルを広げます。

痛まない程度に洗濯物を絞り、バスタオルに広げて載せます。

ロールケーキみたいに端からくるくると丸めます。

丸め終えてバスタオルが棒状になったら、半分におって足でゲシゲシ踏みます。

最後にバスタオルを広げて洗濯物を取り出します。

これで結構脱水されます。タオル脱水とか呼ばれてて、そこそこメジャーな方法っぽい。

後はホテルのハンガーに掛けて、張った紐に吊るすだけ。

ホテル室内は割りと乾燥してたりするので、ユニクロのAIRismとかなら数時間、綿のYシャツだと1晩あれば乾きます。

万が一朝になっても乾ききっていないときは、そのまま干しておくこともありますが、アイロンの高温で乾かしたりもしてます。むしろ湿気てる方がシワが伸びる。

湿気てる場合の方が少なく、アイロンのスチーム使ったりしてるので、なんだかなぁと思うことはある。

 
他のテクニックとして、着た服を捨てていく、というのもあり。

靴下みたいな、ついでだし帰宅したから新しいの下ろしてもいいかな、みたいなのは現地で捨ててしまってます。

電子機器

たぶん平均よりも点数が多い。

今回持っていったのは以下。

  • スマホ
  • ノートPC(会社用。Let's note。いらなかったかも)
  • ノートPC(私物。GPD Pocket)
  • カメラ(SonyのDSC-RX100)
  • Kindle
  • Bluetoothイヤホン
  • モバイルバッテリー
  • シェーバー

ほとんどの充電がmicroUSBで事足りるのと、個々の大きさがそんなにないので、数があってもそんなに影響ない。

いろいろ割り切れば、ノートPCやカメラ、Kindleはスマホで代用できるんだけど、今回フライト時間が長かったので暇つぶし用とか、スマホに全てやらせるとバッテリー持ちが…みたいな理由でいろいろ持っていってる。

アイマスク・耳栓・サプリ

飛行機でぐっすり寝る用。サプリにはメラトニンも入れてて、飛行機で寝れない時差ボケで寝れないみたいなとき使う(ほぼおまもり)。

折りたたみ傘

これ*が小さくて軽いのでおすすめ。

小さいカバン

今回はショルダーバッグとナイロンの薄いナップサックも入れていった。

ショルダーバッグは街でぶらぶら歩く用。

薄いナップサックはホテルで荷物まとめるのに便利。

日用品

歯ブラシとかクシとかワセリン(乾燥対策)とか。

筆記具

ボールペンは空港とかで結構使うので必須。 ノートも持っていってた。

旅行に必要な書類とか

印刷しておいた飛行機の詳細とかパスポートとか。

身につけてるもの

財布、家の鍵、時計、スマホ(電子機器にもいれてた)

紹介終わり

以上、今回のラスベガス旅行に持っていったモノでした。忘れてなければほぼ全部書いたと思う。

2週間中国行ったときも、3泊5日でハワイ行ったときもそんなに荷物は変わってない。小さいカバンがなかったり、電子機器が入れ替わったりする程度。

参考になるかわかんないですが、一つの例として見てもらえれば。